お客さまにとって必要な“本当に良いコンサルティング”をご提案いたします。

IT導入支援コンサルティングサービス

kintoneの導入支援コンサルティングサービス

kintoneの導入コンサルティングなら、確かな実績があるシステムキューブにお任せください。kintone認定アソシエイトがお客様の課題を解決いたします。

詳しく見る
RPAの導入支援コンサルティングサービス

RPA(ロボットによる業務自動化)の確実な定着のために、導入支援コンサルティング及び社員育成を行なっています。弊社では、沢山の種類のRPAに対応しています。

詳しく見る

和歌山のITコンサルティングのシステムキューブ 和歌山市のコンサルティング会社の株式会社システムキューブはIoT・RPA・AI技術を活用し企業の大変革、すなわちDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みをサポートするITコンサルティング会社です。

2009年の設立以来、様々な企業さまの経営課題を解決するべく、多種多様なオーダーメイドのシステム開発を行い、近年はDXの導入支援コンサルティングに注力しています。

そのため、現在は本社の和歌山県のほか、東京や大阪の都市部に支社を設置して経営コンサルティング活動しています。

ITコンサルティングとは

企業さまが経営に関する相談を行うことを一般的に「経営コンサルティング」と呼ぶように、IT導入・活用に関するご相談を行うことを「ITコンサルティング」と言います。

ITコンサルティングとは、お客さまが抱える事業戦略・ビジネス課題に対して、IT(情報技術)によって実現できることを提案しながら、最適なITシステムを導入し、具体的な課題解決・業務改善を行うことです。そして最終的にはお客さまの売上拡大・利益向上に繋げることが私たちの使命です。

ITコンサルティングを行うには、まずお客様の業務の現状調査が必須になります。現場の業務の見える化を行い業務改善プロジェクトの開始をするための改善計画を立案しなくてはいけません。

調査や見える化に時間と費用が莫大にかかりすぎて、実際のIT改善にまで至らないケースも多く見てきました。 弊社では、分析や見える化に出来る限り労力をかけずに、コンサルタントの確立されたコンサルティング手法で現状調査を実施することで現状分析までにかかる工数を減らすことを目標にしております。

ITコンサルタントには、当然ITに関する高い専門知識が必要です。ただし、それだけでなくロジカルシンキングや提案力、そして実際にコンサルティングを行う際には、顧客のビジネスや業務に関わる理解力も高いレベルで要求されます。

弊社では様々な業種の経験豊富なコンサルタントによるコンサルティング手法と、経験や勘にたよらない、業務改善ツールを用いたコンサルティング手法の2とおりのご提案をすることが可能です。 さらには、2通りを組み合わせることで、より納得の行く成果物をご提供するコンサルティング案をご提示することも可能です。

コンサルティングの成果物が明確に規定されているため、部門メンバーへの調査をもとに業務量、業務のスキルレベル、コスト等の集計結果をグラフィカルにアウトプットを行い、経営者の方にも理解して頂きやすいコンサルティングをご提供いたします。 具体的な時間やコストがデータとして得られることで、業務負荷の影響度や業務改善施策の費用対効果を判断するのに活用できます。

弁護士や税理士の専門家を活用されるように、IT分野に関する専門家としてITコンサルティング会社のシステムキューブにご相談ください。

顧問弁護士には、競合他社とのトラブルに巻き込まれた際にスムーズに問題解決をしていただき、法律のコンサルタントとして本当に頼りにさせていただいています。
顧問税理士には3日間会社にはりついてもらい、経理業務コンサルティングに取りくみ、経理部が社内で幅を利かせていたのを改善し販売管理費を昨対比40%以上の縮小に成功しました。
超一流の専門家は東京や大阪の首都圏にいるものだと固定観念がありますが、いずれの専門家も和歌山県内の事業所です。身近にも一流の専門家が居ることを弊社自身が肌で感じています。

私どもはIT企業としてITの専門となり、和歌山地域の皆様にたよられる存在を目指しています。

ITコンサルティングの活用に向けて

企業活動を行う上でこのようなお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。

・会社規模に合わせたIT投資をしたい
・システムを導入したが、期待していたような効果が出ない
・業務効率化やIT導入条件を知りたい
・経営者が考える課題一覧をITで解決したい
・DX・AI・RPAなど名前は聞くけど、よく分からない
・IoTに興味はあるが具体的な活用イメージが湧かない
・和歌山・大阪のことをよく知っているITコンサルティング会社に相談したい

このようにITに関する様々なおこまりごとを解決していくのが、わたしたちのITコンサルティングです。

和歌山の企業様からは経営コンサルティングで改善計画の図を書いて貰ったことはあるが、実際の業務改善のフェーズに入るとフェードアウトされてしまうことを時々耳にすることがあります。

弊社は、もともとアプリケーション開発を生業にしてきたITコンサルティング会社ですので、コンサルタントとシステムエンジニアを自前で抱える強みを活かし、コンサルティングからIoTでの課題解決まで一気通貫で行うことができます。
図を書くだけのコンサルティングで終わらないことが弊社の強みです。

お客さまの業務効率改善・コスト削減・売上拡大といった目的達成に向け、私どもはIT企業としてワンストップでトータルコンサルティングさせていただきます。

和歌山市の顧客から、打ち合わせの際に大阪から来てもらうだけでも出張費を請求され、2週間先の日程を提案されたりと不満をこぼされるお客様の声を聞いたこともあります。
私どもは、南海和歌山市駅のとなりのビルに本社を構えるIT企業です。 今すぐ飛んでいけなくても、アポイントが随分先になるというようなことはいたしません。

ITコンサルタントからシステムエンジニア、プログラマーからテスターまで自前で抱える強みはIT導入を一気通貫で行えるスピード感があり、依頼されたことをただこなすだけのIT会社ではなくお客様の事業により良いご提案から行うことができます。


DX(デジタルトランスフォーメーション)の導入支援に向けて

ビジネスにおけるIT活用はあらたなテクノロジーの誕生により、その姿を変え続けてきました。そして現在、モバイル、クラウド、ビッグデータ、AI、IoTといったテクノロジーの進化により、再び急速に変化の時を迎えています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ばれる概念の登場により、業界を問わずあらたなビジネスチャンスが続々と生まれていますが、一方で中小企業さまにとっては急速な変化に適応できないという弊害も起こっています。 またDXの導入にはビジネス戦略立案、現況の課題分析、システム開発といった過程が必要ですが、これらすべてを自社内でスピーディーに対応できる会社は限られています。

弊社では和歌山県・大阪府で多くの企業さまへのITコンサルティング実績・豊富なノウハウに基づき、企業さまのDX導入を支援させていただきます。

RPA・AI等の技術を駆使したITコンサルティング

お客さまのビジネス課題解決に向け、IT技術をどのように活用し、具体的な施策を実行するかのITコンサルティング・企画立案を行います。

そしてDX(デジタルトランスフォーメーション)にはRPA・AIといった技術が欠かせません。
企業の生産性向上に役立つRPAは「Robotic Process Automation」の略語であり、ロボットによる業務自動化の取り組みのことです。

RPAは「スピード・正確性」が強みであり、ルールが決まっている単純作業を自動化することに適したシステムです。エクセルでの表計算、グラフ作成、メール自動送信といった業務をRPAが担うことで工数・人件費削減に繋がり、空いたパワーをほかの分野に充てることができます。

RPAが騒がれ始めた当初は、何を自動化すれば良いのか分からず、1つ2つの単発業務をロボット化することが多く、弊社がも例外にもれず、1つ2つの業務を請け負うことが多くありました。

RPAも敷居が低いものではないため、少ない業務のために導入するのは非常にもったいなく、まずは、どこの業務を自動化するべきかを調査することが必須であります。

現状調査の手法はさまざまですが、どこの業務に、どこの部門にどれだけ負荷がかかっているのか、どれだけのスキルレベルが求められる業務なのか、属人化している業務がないのか、個人別に分析し、視覚的にアウトプットすることが何よりも先決です。

ITコンサルティングにより、まずは現況の業務分析が必須です。

業務分析後に、バランス良く業務を自動化することで、本当にRPAを取り入れて良かったと思って頂けるものだと思います。

また近年話題になっているAI(人工知能)はビジネス資源である膨大なデータの収集、統合・分析などに役立ちます。大量のデータを集約し分析することは人間の手では限界がありますが、企業さまがAIを導入し、AIが学習を繰り返すことで、集めたデータから価値を見出したり、ビジネスモデルでの適用範囲を拡大することができます。
AIツールの販売はもとより、AI技術の習得や知見を広めるため、弊社では令和2年より国立大学法人和歌山大学システム工学部とAI技術の共同研究に取り組んでおります。

お客さまの立場に立ち、どのようにRPAやAIを活用・導入することが最適なのかを見極めながら、御社の業務改善につながるDX(デジタルトランスフォーメーション)の導入支援・ITコンサルティングを提供させていただきます。

IoT活用支援

IoT(Internet of Things)とは様々なモノに通信機能を搭載して、インターネットに接続・連携させる技術です。
例えばApple社からリリースされたApple Watchは腕時計でありながら、スマートフォンとの情報連携を実現した、まさに発明といえるアイテムです。
ほかにも自動車や工場といった生産設備、医療機器、家電など、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続されています。

「IoT」をビジネスに活用することで、業務効率化や新しい価値観が生まれることは間違いありません。弊社では、DX(デジタルトランスフォーメーション)支援の一環としてIoTに関する導入計画の提案・実行、将来的なメリット・デメリットを判断しながら、IoT技術を効果的に作用させることを目指します。

また実運用開始後も、ビジネスモデル変更や新しいご要望にお応えし、長期的にIoTを運用していただく為に、きめ細やかなサポートを行って参ります。

弊社は、お客さまのビジネスの伴走者として、ITを活用した企業の大変革、いわばDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みをご提供し続けます。その先にあるのは、お客さまの笑顔であり信用・信頼。これまで以上に信用と信頼を積み重ね、和歌山のデジタルトランスフォーメーションならシステムキューブと評されるような会社になることをめざします。

和歌山県への想い

弊社は創業以来、地方都市の和歌山県内企業では珍しい先進的な取り組みをしてきた自負があります。
何人もの起業家を排出し、さらには競合他社にかぎらず、わたしたちの着眼点を真似て頂ける機会も沢山ありました。
何も進歩的な取り組みを自慢したいわけではなく、弊社の取り組みをもっともっと知って頂き、切磋琢磨し、もっともっとブラッシュアップすることで弊社の実力も更に高まることにつながります。

ひいては、和歌山県の経済界を盛り上げる役割を担っていける存在になりたいと目指しています。

創業12年目を迎え、経営陣の外部招聘を行い、新しい組織、新しい体制でステージアップしたシステムキューブで前進し、「ニューノーマル」の時代の到来と共に、和歌山県がIT先進県として誇れる地域になるために、ゼロをイチにする新しい扉をひらき続けます。

ページトップに戻る