ブログ

iPadを6年使って

2016年6月18日 10:00 | パソコン関連 | | 271 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPadを6年使って
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

iPadの初代が2010年にリリースされて、6年目です。

発表は2010年の初頭でしたが、その年は需要に供給が追いつかず、日本での発売は5月末という状態でした。

iPad初代を手に入れた最初の印象は、画面までの距離が短く、好きなように持てるのはとても心地よいという感覚です。

心地よいWebブラウジング用コンピュータという感覚を受けました。

誰でも最初に思う弱点は、これでは入力には向かない、ということです。

ソフトウェアキーボードは短文やショートメッセージに困りませんが、長文の入力やブラウザベースのワードプレスなどの文章作成にも不向きだと感じました。

初代iPadは256メガバイトのメインメモリ(未公表)で、規模の大きなjavascriptを使ったサイトではブラウザが強制終了してしまうなど、メモリの少なさに起因する不安定が多かったように覚えています。

今と比べて貧弱に思うところはグラフィック性能です。

Unrealエンジンというゲームエンジンがなんとか動作するというぐらいの能力で、3Dグラフィックを含めて普及型のパソコンには遠く及ばないものでした。

その後はプロセッサとプロセッサの組み込みのグラフィック性能がどんどんと伸び、初代iPadの4倍のピクセル数を持つディスプレイでも遅延などなく複雑な表示もできるようになってきました。

省電力のスマートフォンむけのプロセッサはもともと性能は低かったですが、伸びしろという部分では大きくありましたので、順当に成長して行っているのが実感できます。

今でも相変わらず入力には向かないデバイスです。スマートキーボードやサードパーティ製Bluetoothキーボードなど様々な工夫はなされていますが、向き不向きの分かれる部分で、ノートブック型パソコンには及びません。

英語圏であれば漢字変換という作業が不要なのでもう少しスムーズにいくのではと思いますが。

タブレットやスマートフォンを意識したWEBアプリが増えてきたことで、6年前ほどの不便は感じなくなってきています。

アプリや諸々が実現できることは増えましたが、基本使い心地の良いコンピュータとしてのイメージから離れることはありません。

そのようなことからも、初代のコンセプトで完成されたものだったと思うところです。