ブログ

Mac用仮想化ソフトウェアVeertuをインストール

2016年1月11日 10:50 | パソコン関連 | | 923 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Mac用仮想化ソフトウェアVeertuをインストール
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

Mac用のAppStoreに新しい仮想化ソフトウェアVeertuが登場しました。

これはMac OS X Yosemiteから導入されたHyper Visorフレームワークを最大限に利用した仮想化ソフトウェアです。

HyperVisorは仮想マシンにホストマシンのリソースを共有し、仮想化を支援する仕組みのことで、WindowsではWindows Server2008以降にHyper−Vの名称で導入されているものです。

VMWare Fusionなどはホスト型と言われ、仮想化ソフトウェアがアプリケーションと同じレベルでホスト上で動作します。

現在無償でApp Storeで提供されているので、これをインストールしてみました。

Veertuが用意したUbuntuやCentOSなどの仮想マシンイメージを利用する場合は無償、独自にISOなどを利用して仮想マシンを作成する場合はアプリ内課金$39.99で機能を拡張する必要があります。

Veertuが用意したLinuxはダウンロードすれば簡単に起動させることができ、手軽です。

VMWare FusionやParallesなどと違う点は統合ツールやドライバなどが用意されていないということです。

それが原因で様々なMacの機器が利用できなく、またこれはVeertuが対応するまで待つ必要があるようです。

統合ツールとドライバの出来を比べる限りではVMWare FusionやParallesなどと今の所比べるには至りません。

仮想マシンは操作画面から簡単に追加と削除ができます。

仮想マシンイメージは各ユーザの

Library/Containers/com.veertu.Veertu/Data/VM Library/

に保存されていました。

当面コンソールベースのLinuxだけであればこれで様子を見てみるのも良いかもと感じます。