ブログ

IT資産の管理

2015年11月28日 10:00 | パソコン関連 | | 219 views
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - IT資産の管理
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

IT資産とは、コンピュータの機器や、ソフトウェア、保管されているデータ、記録メディアなどのことを指します。

コンピュータを業務に導入している限りは複数のIT資産を保有していることになります。

これを慎重に扱うかどうか、機器の盗難だけを対策していればいいか、少しのデータの持ち出しをも制限しなければいけないか、などそれら資産の管理体制というのは現場によって千差万別です。

ただ従業員の個人情報、連絡網や給与関係、これからはマイナンバーの管理を含めて、改ざん、破損、盗難にあわないように企業が管理すべきデータが増えています。

IT資産を漠然と把握しているだけでは、持ち出されてはいけない情報を、USBメモリなどに格納していつの間にか持ち出されているかもしれません。

また持ち出されてしまったことさえ気が付かないことになります。

IT資産管理ソフトウェアというものがあり、株式会社システムキューブではHitachi IT Operations Directorというものを利用しています。

director

これがDirectorの管理者画面です。現在一つのパソコンに新規のUSBハードディスクが接続されたことがわかります。

許可されたものだけを許可し、無許可のUSBメモリなどを接続させない、というセキュリティポリシーを適用すれば、不明なものの接続を抑止できます。

Winnyに相当するファイル交換など危険な使用禁止のソフトウェアが動作しているかどうかも一目で確認し、動作を抑止できます。

このようなことが管理画面から一括で操作することができます。

その他OSのバージョンアップは正当に行われているか、不正なアプリケーションを利用していないか、不正な操作をしていないかなどを簡単に管理することができます。

ここのパソコンについては、エージェントをインストールするだけで、この操作は一度ですみます。

あとはエージェントが個々のパソコンの状態を管理サーバーに送信するため、ユーザーは普段通りに何一つ意識せずに利用することができます。

どのような資産がどのパソコンに接続され、ソフトがインストールされているか。USBメモリなどの利用頻度はどのぐらいかなどはすぐに一覧で見ることができます。

資産管理という言葉を知って、何から手をつければ良いか、何をすべきかわからない管理者にとっても、一つずつステップアップして管理していくことができます。

全く管理されていない状態から、IT Operations Directorを導入するだけで、様々なIT資産管理を簡単に始めることができます。