ブログ

魔法ではないコンピュータ

2015年2月17日 10:17 | パソコン関連 ,ブログ | | 596 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 魔法ではないコンピュータ
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

 最近世の中で最も出荷されているコンピュータは、スマートフォンやタブレットです。

 アップルが魔法のようなデバイス、という言葉をキャッチコピーにしていましたが、パソコンとほぼ同じことのできる、パソコンではないもの、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 子供がタブレットなどでゲームやユーチューブを見ているかぎり、これがコンピュータというものだという認識もないのかもしれません。

 しかしこれらもれっきとしたコンピュータで、様々なDaemonやプロセス、デバイスドライバが読み込まれ、実行されています。

教育用コンピュータとしてのRapsberry Pi

 ワンボードで一式のコンピュータとして動作するRaspberry Piを子供向け教育用途に利用する、というお話は耳にします。

 Raspberry Piは公式に提供されているOSはLinuxで、起動時に様々なDaemonやデバイスの認識、ネットワークの設定などが、文字でずらっと表示れされます。

 セットアップしてすぐはCUI、キーボードと文字だけで操作する状態です。

 ユーザーとパスワードを聞かれ、ログインします。

 ネットワークに接続し、OS内部のパッケージをアップデートします。

 そしてstartxとキーボードで入力して、ようやくマウスを利用したWindowsのようなOSとして操作することができます。

 それでもWindowsよりはよほど貧弱な見た目と機能です。

 普段使っている、パソコン、スマートフォン、タブレットが見えないところでこのようなプロセスを経て実行されていることを理解してもらうことが、教育用途として用いられる一つの理由です。

とっつきにくさの隠蔽

 ここまでのプロセスを経てコンピュータが起動しているということを、LinuxなどのテキストベースのOSに触れていないと知らないことなのかもしれません。

 Windowsのマークが表示されている間に、Windowsが何をしているかというと、様々なサービスを実行し、機器構成を調べて認識し、ドライバをインストールしたり、といったことを行っています。

 ただ、それをユーザーに提示すれば、難しい機械として嫌われます。

 その辺りのプロセスが隠蔽され尽くしたのがスマートフォンやタブレットでしょう。

 Windowsも3.1やそれ以前のバージョンでは、もっと隠蔽しきれていない部分があり、グラフィック表示の向こう側が見え隠れするものでした。

 それがWindows95以降どんどんと洗練され、魔法のような機器に近づこうとしています。

 見せ方や操作性の工夫をしていても、その向こう側では、パッケージをインターネットから探し、インストールスクリプトを実行するなど、コンピュータのあり方は旧来から変わってはいません。それはスマートフォンやタブレットでも同じことです。

 

魔法のようであることの良い点、悪い点

 良い点としてはもちろん、ユーザーの裾野が広がって誰もが高度なコンピュータを目的に応じて、より気軽に使えるようになることです。

 例えば、コンピュータを音楽制作に使いたい方に、まずコンピュータのコマンドから覚える必要がある、ではよほど根気のある人しか使わないでしょう。

 タブレットなどであれば、音楽制作用のアプリをアプリストアからダウンロードするだけですぐに使えるようになります。これはとても重要なことです。

 悪い点、と言っていいのかはわかりませんが、これだけコンピュータの環境が整備されると、今後コンピュータのエンジニアを目指す方がよりハードウェアに近い部分に興味関心を持たなくなってしまうのではないかということです。

 タブレットなどもタッチパネルや様々なセンサーなどと統合したOSを搭載していますので、ハードウェアに近い部分のエンジニアの技術が欠かせません。

 OSの上で動作するソフトウェアにしか関心がなくなってしまうと、新しいエンジニアもコンピュータの機械の部分への理解が薄くなり、なぜこのようなことができないのか、どのようにすればできるようになるのか、ということが見えなくなってしまう恐れがあります。