ブログ

XPのサポートを終了するマイクロソフトは無責任なのか

2014年1月10日 14:00 | パソコン関連 | | 748 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - XPのサポートを終了するマイクロソフトは無責任なのか
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

スクリーンショット 2014-01-10 9.41.19

2014年4月9日を持って、サポート期限が終了するWindowsXPですが、乗り換えに費用が発生することから、一方的なサポート打ち切りは無責任だ、という意見も聞かれます。

マイクロソフト社の今回の対応は本当に無責任なのでしょうか。

WindowsXPの時代

WindowsXPは2001年10月発売を開始しました。今年はその13年目に当たります。

13年、サポートを続けられているOS(基本ソフト)は、なかなか他では見かけることがありません。

マイクロソフト社としても、ある程度の時点で、現在ではVistaと呼ばれる新しいWindowsに移行し、段階的な移行をスムーズに行う予定でした。

しかしWindowsXP発売後数年で、かなり致命的なセキュリティーの欠陥が複数見つかり、Windowsは米国の官公庁でも使われていることから、大幅な改修を求められ、新しいWindowsの開発要員を、WindowsXPのセキュリティー向上に当たらせる必要がありました。

こうして開発されたのが2004年9月リリースのサービスパック2です。

これにより、突発的なセキュリティー不安はかなり軽減され、現在のように月一のアップデートでも大きな問題は発生しないようになりましたが、次期Windowsの開発は大きく後退しました。

WindowsVistaの問題

WindowsVistaは2006年11月に、次期Windowsとして発売を開始しました。

これをマイクロソフト社はかなり急いでのリリースとなりました。

企業にはSA契約という主に大口顧客向けの追加オプションがあり、これには契約期間内に次期Windowsがリリースされれば、無償でアップグレードできるという特典がありました。

しかしリリース感覚があまりに長引いたため、この特典が無意味になりつつあり、また長期間SA契約をしてくれる顧客から信頼を失わないためにも、Vistaのリリースを急ぐ必要がありました。

そしてVistaが登場することになりましtが、ファイルコピーが遅い、Windowsファイル共有が設定しにくい、など見た目以上に基本的な部分での不満が募りました。

Vistaパソコンの要求スペックも当時最新のものに合わせたものでしたが、最低限条件をクリアしているだけの安価なパソコンが出回ったことも、この悪評に追い打ちをかけました。

このリリースを急いで、悪評を招いたVistaの登場については、マイクロソフトの無責任と言える部分かもしれません。

Windows7以降

Windows7はVistaの悪評判を覆す意味で、早々にリリースされました。

ほぼVistaの改良版ともいえるもので、Vista自身もサービスパックの適用により不満点はほぼ解消されていたので、流れとしてはスムーズでした。

ただ初期の悪評は、とくに業務に採用するものにとって最大の不安点となり、WindowsXPから移行できない状態になってしまったところも多くあるでしょう。

早期にWindowsVistaへの移行を決定していれば、使っているアプリケーションや、周辺機器についても更新できたものも、7年、8年たってくると保守契約の都合などで、アップデートのタイミングを逃してしまうことも、多かったのではないかと考えます。

しかしながらWindowsXPのサポート延長はあったものの、終了の時期については明確に提示されていましたので、今回の措置はマイクロソフトの無責任とは言えないでしょう。

2014年4月以降、WindowsXPは動作を停止するわけではありませんので、使い続けることはできます。

しかし、リスクが増大していく中で使い続けることは非常に危険度の高いことです。

参考記事:WindowsXP終了以降のセキュリティ

http://www.sys-cube.co.jp/blog/3930.html

できるだけ早い更新計画を立て、アップデート後にどのソフトが動作しないか、またどうすれば他のソフトなどで代用できるか、という見極めを進めることをお勧めします。