ブログ

iPhone浸水からの復活

2013年8月8日 12:42 | パソコン関連 | | 441 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone浸水からの復活
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

geniusbar

先日iPhoneを浸水により故障させてしまい、Appleストアで交換に至るまでの記録です。

今回iPhone購入時にAppleCare+に加入していたので、それを含めた内容となります。

予期せぬ浸水

その日、筆者の長男の小学校の夏祭りの手伝いをしていました。

手伝いも無事終わり、片付けするときに、かためておいてある発泡スチロールの箱を移動させるように依頼されました。

結構重い箱でしたが、内容物を確認せずに運んでいると、中は氷を入れて冷やしているペットボトルだったようで、溶けた氷の水があふれてズボンを濡らしてしまいました。

普段はiPhoneを防水のスポーツバッグに入れていますが、そのとき家族に風邪の症状があったので、いつでも連絡が取れるように、ズボンの前ポケットにiPhoneを入れてしまっていました。

イレギュラーな状態だったため、浸水のことが全く頭に浮かばず、気が付いたときには、電源は切れていませんでしたが、すでにタッチパネルが反応しない状態になっていました。

Apple Store Genius Barの予約

こういう場合は、AppleStoreに持ち込むのが一番早い解決法ですが、筆者の住む和歌山市から心斎橋AppleStoreまでは二時間弱かかります。

そして修理交換窓口のGeniusBar(ジーニアスバー)は予約制になっており、当日飛び込みでいっても受け付けてもらえません。

夏祭りの片づけが終わったのが土曜7時すぎ、そして帰宅し翌日のGeniusBarの予約はすべて埋まっています。

この予約は各AppleStoreのwebサイトから予約ができるようになっています。

iPhoneからも予約できますが、この場合iPhoneが故障しているので、いかんともしがたい状況です。

GeniusBarの予約はキャンセルが出れば、その時の空き状況が更新されます。

翌日朝からパソコンで予約画面を何度も見るうちに15時からのキャンセルが出たので、予約を行い、心斎橋に向かいました。

iPhoneの交換

iPhoneはタッチパネルがだめになっている以外は、動作はしていましたので、とりあえずパソコンに接続し、iTunesからシリアル番号をメモしました。

本当はそこでiTunesに暗号化してバックアップをしておけば、ログイン情報などをすべてをバックアップできるのですが、タッチパネルが利かないので、ロック解除できずそれはあきらめ、iCloudバックアップの復元で良しとしました。

iCloudからのバックアップの復元は、アプリのログイン情報などがすべて保存されていません。

GeniusBarの予約時間までに到着し、予約時間に名前が呼ばれましたので、受け付けてもらいます。

その後カウンターに通され、どういう経緯でこの状態になったかを申告します。

ここであまり不正確に伝えてしまうと、本来求めている対応が得られないこともありますので、正直に申告するのが最善と感じます。

ここで控えていたシリアル番号を伝えると、AppleCare+に加入していることがスムーズに伝わりました。

現場ではシリアル番号や、機器の情報はiPadを端末にして調査できるようで、契約情報や状態の記録、交換の手配と、領収書の発行まで、スムーズに行っていました。

これで交換までは20分程度、AppleCare+では使用者の過失による故障でも、一回4200円で、契約中二回まで修理に応じる、という契約になっています。

この一回を利用し、4200円で交換されました。交換されるのは新品ではなく、リファービッシュ品(初期不良品等を修理したもの)であるようです。

故障から24時間以内にひとまず電話として復旧させることができました。

実感したこと

iPhone5以降、日本でもテザリング機能が解禁され、それまでiPad持ち出しのために契約していた3G Wi-Fiルーターを解約しました。

また通話専用に置いておいたdocomoの従来型携帯電話も解約していたので、iPhoneが故障すると代替の手段がなくなってしまっていました。

幸いにして、24時間以内に回復できましたが、スマートフォンは複数の機能が集約されているだけに、一度故障してしまうと、それらすべてが利用できなくなるという不便を実感することになりました。

AppleCare+は利用者の過失による故障でも比較的安価に修理する契約ですので、購入一か月以内であれば、加入しておくと安心感はあると思います。

一台で様々なことが便利になるということは、逆の場合は一気に不便になる、ということの裏返しである、それを身をもって体験しました。

ご参考になればと思います。