ブログ

マイクロソフトSurfaceの日本発売を予告

2013年2月26日 16:20 | パソコン関連 | | 553 views
タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マイクロソフトSurfaceの日本発売を予告
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

surface

マイクロソフトが日本でのタブレット型パソコン、Surfaceの発売を予告しています。

SurfaceにはRT版とPro版がありますが、どのような差があるか、またどのようなスペックかをまとめてみようと思います。

RTとPro共通の機能

タッチカバーというSurfaceの特徴的なキーボード、トラックパッド兼カバーは、ProとRT共通のオプションです。

外部拡張は、USBポートが一つ、無線はWi-Fi(802.11/a/b/g/n)、Bluetooth4.0。

イーサネットポートはなし。

microSDXCカードリーダー、ヘッドフォンジャック。ビデオ出力端子が一つ。

内蔵マイクが二つ、ステレオスピーカー。

カメラは全面と背面に二つ搭載。

センサは環境光センサ、加速度センサ、ジャイロ、コンパス。

それと充電用端子がついています。

RTとProの違い

http://www.sys-cube.co.jp/blog/1315.html

こちらにも投稿しましたが、表形式でまとめてみたいと思います。

RT Pro
解像度 1366×768ピクセル 1920×1080ピクセル
ディスク容量 32GB,64GB 64GB,128GB
CPU NVIDIA Tegra3 第3世代Core i5
RAM 2GB 4GB
USBポート USB2.0 USB3.0
外部ビデオ出力 独自規格 miniDP
バッテリ容量 31.5W-h 42W-h
重さ 680g 908g
Office 付属 なし
従来のソフト 動作しない 動作する
ペン入力 なし 対応
プリンタ 対応プリンタのみ Windows8同等
米国価格 $499 $899

大まかな違いとしてはこのようになります。

今回日本で発売されるSurfaceはPro版か、RT版かという情報は今のところありません。

筆者の予想としてはいままでのWindowsアプリの動作するPro版ではないかと思いますが、確かなところではありません。

事前に考えておくべきこと

ポートが少ないこと

双方ともUSBポートが一つで、イーサネットポートもありませんので、Wi-FiやBluetooth環境を整えておく必要がありそうです。

唯一のUSBポートをマウスに占有させてしまうのももったいないので、Bluetoothマウスや、タッチカバーが不十分な場合Bluetoothキーボードなどが必要でしょう。

DVDの再生について

RT版はUSBのDVDドライブをつないでもDVDを再生する能力はありません。スマートフォンやタブレットのように再生可能形式に変換して、コピーする必要があります。

Pro版はMediaCenterを別途購入することで、再生可能となります。標準の機能としては持っていません。

アプリケーションや周辺機器の引継ぎについて

RT版は従来のアプリケーション、周辺機器などをWindowsパソコンからは引き継ぐことができないと考えておくと、いいでしょう。

RT版は従来のWindowsとは全く別の独立したOSと考えていただくほうが、わかりやすいと思います。

RTでは、USBハードディスクや、USBメモリなど、ストレージデバイスは問題なく使えますが、別途ドライバインストールが必要なものは、RTで動作するかは事前の確認は欠かせません。

Pro版であれば、従来のアプリケーションは、インストールメディアがあれば、DVDドライブを接続してインストールするほかに、他のパソコンでISOイメージに変換してUSBメモリなどに書き出し、読み込ませることでインストール可能です。

Pro版の周辺機器との互換性はWindows8に対応しているかどうかを確認しておくことで、使用の可否がわかります。

使用可能な記憶領域について

RT版もPro版もストレージはフラッシュメモリドライブですが、容量のうち30GBほどはOSとプリインストールのOfiiceなどで占められています。

音楽や写真、ビデオを入れて楽しもうと考えている場合は、多い目の容量のモデルを選んでおくべきでしょう。

SkyDriveというネットワークストレージが標準で備わっているので、他のWindowsPCとのファイル連携はこれを使うと便利になりそうです。

ウィルスについて

ウィルス対策について、SurfaceシリーズはWindowsディフェンダーによって保護されています。

SurfaceRTはその他のウィルス対策ソフトはインストールできない仕組みになっています。

しかし、WindowsRTに感染するウィルスが全く現れないわけではありません。

システムの中の脆弱性をつく方法が現れた場合、アップデートが行われるますので、アップデートのチェックと適用を欠かせてはいけないのは従来通りです。

iOSなどでも脱獄やJailBreakと呼ばれるものはシステムの脆弱性をつくものであり、WindowsRTにもほころびが生まれることは十分予想できることです。

Proは一般のWindows8ですので、従来通りのウィルス対策で問題ありません。

Windowsストア

AppleのAppStore,AndroidのGooglePlayなどのような、Windowsストア経由のアプリはRT版でもPro版でも使用できます。

有料アプリ、無料アプリなどがあり、これは5台までのPCやSurfaceなどと共有できます。

Windowsユーザーの生産性を著しく下げてきたおなじみのマインスイーパーも、Surfaceには付属していませんので、無料アプリをインストールするおためしにもいいかもしれません。

1.ゲームのカテゴリを選択

app1

2.マインスイーパーを選択

app2

3.購入用マイクロソフトアカウントを登録あるいはサインアップ。五台までというのはこのアカウントに紐づくものです。

app3

4.インストールが終わると、スタート画面に入ります

app4

5.内容はいつものマインスイーパーです

app5

マイクロソフト社としては、このWindowsストアを盛り上げていきたいようですが、今後どうなるのか、それがSurfaceのこれからにかかってくるのではないかと考えています。