ブログ

パソコンの動作が遅い(メモリ編)

2012年11月19日 18:24 | パソコン関連 | | 407 views
タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パソコンの動作が遅い(メモリ編)
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

memory

パソコンを使っていて、動作が遅い、起動が遅い、という場合は、メモリ不足であることがよくあります。

このような場合、どう対処すればよいのでしょうか。

必要なメモリ量

WindowsXP発売当時、主流だったのが標準搭載メモリ512MBぐらいのPCでしたが、当時としては十分であったこの量も、サービスパックの適用や、ブラウザやオフィスのバージョンアップなど、アプリケーションが大きくなることによって、必要なメモリ量としては足りなくなっている場合が多いです。

WindowsXPのSP3の場合であれば、快適に動作させるためには、1GB以上は最低限必要と考えます。

WindowsVistaや7がプリインストールされているPCの場合は、2GB以上が標準でも搭載されていることが多いので、そこまで深刻な不足になっている場合は少ない印象です。

メモリが少ないと、メモリの不足分をハードディスクに書き出すことになり、ハードディスクはメモリとは比べ物にならないぐらいにアクセスに時間がかかりますので、待ち時間が多くなります。

512MB以下の場合、起動時からメモリ不足は発生しますので、使えるようになるまでに10分以上かかる場合などは、メモリ不足が原因であることがよくあります。

メモリモジュールの追加

現在使用している比較的以前に購入されたPCの場合、メモリ追加によって快適になる場合はよくありますが、一般に発売されているメモリモジュールのどれを追加しても大丈夫というわけではありません。

ほとんどの場合、DDRメモリと呼ばれるものなのですが、DDR、DDR2、DDR3と世代によって分かれており、それぞれ互換性はありません。

これを正しく選ぶには、添付のマニュアルでメモリの増設の部分を読むことが、正しいメモリを選択する最善の方法です。

しかし型の古いPCの場合、マニュアルがすぐに出てこない場合など、下記のサイトなどが役に立つかもしれません。

http://www.iodata.jp/pio/

このようなサイトを利用して、PCの詳細な型番から、必要なメモリ仕様をはっきりとさせます。

PC2-6400(DDR2-800)というふうに書かれているのが、必要なメモリの仕様です。

ここで気を付けるべきなのはデスクトップとノートパソコンでメモリモジュールの大きさが違うことから、pin数をきっちりと把握しておくことです。

一般にノートパソコン用のメモリはS.O.DIMMという形で記載されていることが多いです。

メモリ追加の注意点

現在512MBのメモリがもともと入っているPCに1GBのメモリを増設すれば、1.5GBの容量になると考えますが、もともとのメモリと追加したメモリの相性があって、うまく動作しない、あるいは起動しないこともよくあります。

そういった場合、メモリ容量の少ないメモリモジュールを外せば、経験上正常に動作するようになります。

以前ほどパソコンとメモリの相性というものは問われなくなった印象ですが、メモリモジュール同士の相性はよくあります。

メモリモジュールは定価でみるとかなり高価なものも多いですが、同一の仕様のものをうまく選べば、安価に増設することも可能です。

メモリ不足で作業効率が下がるような場合、メモリ増設で改善する場合は、かなりコストパフォーマンスの高い方法であると考えます。