ブログ

Windows8とWindowsRTの違い

2012年11月16日 18:17 | パソコン関連 | | 2,891 views
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Windows8とWindowsRTの違い
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

surface

Windows8とほぼ同時に発売となったWindowsRTですが、画面の見た目以上に内容は違ったものになっています。

製品写真を見ても、この違いは一見してわからないことですので、どういった違いがあるのか主だったところを書いてみます。

従来のWindowsアプリケーションは動作しない

このポイントこそ、Window8との最も大きな差です。

現在WindowsXPや、Windows7で利用できるアプリケーションは、WindowRTへ一切持ち込んで動かすことはできません。

WindowsRTで動作するアプリケーションは、プリインストールのアプリと、Windowsストアから新たに購入したものに限られます。

Windows8のようにデスクトップモードはありますが、ここで動作するアプリは、プリインストールされているもののみです。

アプリケーションについてはそれまでにWindowsストアで購入したもの以外は、すべて新規購入する必要があります。

プリインストールされているOfficeが正規版とは同じではない

WindowsRTはMicrosoft Officeがインストールされていますが、マクロやVBA、アドインなどが一切利用できません。

業務でOfficeを利用している場合、マクロなどを使って自動化することが多いと思われますが、これらが利用できないと困る場合はWindowsRTを選択すべきではありません。

また正規のWindows8用のOfficeをインストールすることはできません。

アンチウィルスソフトは標準のものしか使えない

WindowRTにはWindowsディフェンダーというアンチウィルスソフトがプリインストールされていますが、従来のようにそれ以外を選ぶことはできません。

WindowsRTの場合、プロセッサが通常のWindowsとは異なりますので、共通のウィルスに感染することはありません。

WindowsStoreから配布されるアプリケーションは、サンドボックスといわれるシステム領域から隔離された形で実行されるので、システム全体をスキャンするような従来型のアンチウィルスソフトは作れない仕組みになっています。

購入時は目的に応じて

従来のWindowsアプリや、周辺機器を利用したい場合は、Windows8搭載のPCやタブレットを選ぶようにしてください。

WindowsRTは今後機種も増える予定で、Windows8と併売されることになりますが、外見上はほとんど差はありません。

バッテリーでの動作時間やトータルの価格など、WindowsRTの方が有利なポイントもありますが、上記の違いはかなり大きなポイントです。

Windows8の廉価版ではなく、かなり違うものであるという認識をもっておかないといけません。