ブログ

古風なSEを目指して(第4回)

2016年12月22日 18:59 | ブログ |

年末の慌ただしい中で物思いに耽っているTKです。

古風なSEを目指している私が経験したことを書いていきます。

今回は「古風なSEの保守対応」ということで

私が経験した内容を書いていきます。

もともと汎用機を経験した私にとって、

保守対応は日常茶飯事な出来事でした。

汎用機は端末追加、ネットワーク追加、プリンタ追加など

あらゆるタイミングでいちいち設定を変更する必要があり

その度に保守対応を行っていました。

現在のようにLANにつないで端末を追加のような

簡単な設定ではなく、いちいち定義情報を変更し

汎用機と止めて再起動と結構大がかりな対応でした。

パケット通信が出始めたことは、設定方法がわからず

なかなか接続できないときもありました。

昔はSEサポートという契約がない場合が多く

ハード保守とセットで契約していたようです。

現在では、機器のダウンサイジング化でハード保守費用は

そんなに高価ではなくなりましたが、

逆にSEサポート費用が高くなってきています。

そもそも保守が必要かという方もいらっしゃいますが

パソコンやシステムを使用している限り、

お客様との接点があり保守作業が発生します。

自分が持っている知識・経験・技術を磨けば

お客様も喜んでもらえるようなサポートができ

お客様もその対価をお支払い頂けると信じて

これからも保守対応を続けていこうと思います。

ただ、保守サポートの有無にこだわらず対応できる

柔軟な考え方も古風なSEとしては持っているので

会社に迷惑が掛かっているかもしれません。

次回は最終回「古風なSEの未来像」でお会いしましょう。