適正価格×高品質のシステム開発で、あなたの事業の「次の一手」を応援します

ノーコード開発・ローコード開発

従来のアプリケーション開発では、相応の金銭・時間がかかるのが一般的でした。
しかし近年、アプリを短時間・低コストで開発することができる「ノーコード開発/ローコード開発」と呼ばれる開発手法が注目を集めています。

ノーコード・ローコード開発とは

ノーコード開発・ローコード開発とはアプリケーション開発において、従来は人の手によるコーディングで開発を行っていたのに対し、専用基盤やツールを利用することで、ほぼコーディングを行わずに開発が可能になる方法です。

ノーコード・ローコードの開発により一番のメリットとなるのは、やはり製造工程の大幅な短縮です。
開発にノーコード・ローコードを取り入れることで、短期間・低コストでのアプリ開発が実現できます。

アプリ開発会社に依頼した場合、3カ月~6カ月程度は時間がかかることが一般的ですが、ノーコード・ローコード開発であれば最短2週間~数週間程度でアプリ開発が完了するケースもあります。
また開発工数が短縮されることで、コスト削減にも繋がります。

ノーコード開発のメリットについて

開発期間の短縮・コスト削減以外にも様々なメリットがあります。

その一つがバグの解消です。ノーコードはあらかじめプラットフォームに用意されてある機能を使用する為、開発に起こりがちなバグなどのリスクも抑えられます。またシステム開発後も、機能追加などのカスタマイズにも素早く対応可能です。

従来の開発であれば一つのカスタマイズだけでも時間や費用がかかり、お客様を度々お待たせすることがありました。しかしノーコードであれば、ご要望をお伝えいただけば迅速に機能追加を行うことができます。

ローコード開発のメリットについて

一方、ローコード開発はノーコード開発に比べて、より柔軟性が高いアプリ開発ができることが特徴です。その為、企業のビジネスロジックに当てはめやすく希望通りにシステムやアプリが動かせます。

またSlack・チャットワークといった既存のコミュニケーションツールと連携させやすいことも特徴です。近年、使い勝手の良いクラウドサービスが続々と登場していますが、ローコード開発と組み合わせることで、より業務効率化や生産性向上に繋げることができます。

ノーコード・ローコード開発のご提案

このようにノーコード開発・ローコード開発を用いることで、これまでにない速度でアプリの開発・提供を行えるようになります。導入にあたって「自社にとってどちらが最適か?」という疑問を抱かれるかと思いますが、ノーコード・ローコードそれぞれに一長一短があります。

どちらを選択するかは、技術要件だけでなく、あらゆる要素を総合的に考慮しながら、お客様にとって最適な開発手法をご提案させていただきます。