マーケティング
オートメーション

マーケティング部門担当者様に、
MAツールの機能やメリット、
おすすめのMAツールまでを解説

マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入する企業が増えています。しかし、MAツールで何ができるかよくわからない、ツールの導入は企業にとってプラスになるのか、などの思いで導入をためらう人も少なくありません。
ここでは、マーケティング部門の担当者に向け、MAツールの機能やメリットから、おすすめのMAツールまで解説します。

マーケティングオートメーション(MA)ツールとは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティングの一部を自動化するツールです。商材が成約に至るまでのプロセスが複雑化したことで、マーケティングに力を入れる企業が増えました。

見込み客の多くは、商材や業界に関する情報を事前にオンラインで収集しています。見込み客の興味や関心の対象、購買意欲の強さはさまざまです。成約にこぎ着けるためには、相手に響く情報を武器に、タイミングよくアプローチをかける必要があります。

MAツールは、見込み客の育成から顧客化までを効率化します。MAツールにもよりますが、顧客ロイヤリティの向上も可能です。MAツールを導入し、マーケティングの効率化や売上げアップに役立てましょう。

MAツールの機能

マーケティングオートメーション(MA)ツールに備わっている機能は、サービスごとに異なります。代表的な機能を紹介します。

  1. 見込み客を管理できる
  2. 見込み客とのコミュニケーションが捗る
  3. 優先度の高い見込み客を抽出できる
  4. 施策の効果を分析できる
  5. 顧客ロイヤリティを高められる

以下では、それぞれの機能について解説します。

MAツールを導入する5つの機能とメリット

マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入する、5つの機能とメリットを紹介します。見込み客や顧客のニーズを理解するために、MAツールを役立てましょう。

1.見込み客を管理できる

MAツールは見込み客の管理や、取りこぼしの防止に役立ちます。企業はさまざまな方法で見込み客を獲得しています。しかし、オンライン・オフラインともに数々の販促活動を行っていると、情報の一元管理は難しいものです。人の手で見込み客の情報を管理していると、記載漏れや二重登録もあり得ます。

見込み客のデータを適切に管理できなければ、競合に顧客を奪われるかもしれません。せっかくのチャンスを活かすために、データ管理は重要です。

2.見込み客とのコミュニケーションが捗る

見込み客が知りたい情報を提供しないと、興味を持ってもらえないばかりか、うっとうしさを感じさせる恐れがあります。MAツールは、見込み客がより興味がある内容を提供し、購買意欲を高めます。

3.優先度の高い見込み客を抽出できる

見込み客に手当たり次第にアプローチをかける戦略では、営業部門が疲弊してしまいます。MAツールで優先度の高い見込み客を絞り込み、営業の生産性を高めましょう。

4.施策の効果を分析できる

MAツールを設置しているサイトは、アクセスログを入手できます。見込み客がサイトに訪問すると、アクセスログから顧客の行動を分析でき、流入経路や興味を持っている商品・サービスをつかめます。

また、多くのMAツールには、メール配信機能がついています。メール開封率やURLクリック率がわかると、マーケティング施策の効果を判断し、施策の質を高めていけます。訴求力の高い施策は、ほかの商材にも反映させましょう。

5.顧客ロイヤリティを高められる

売上げを安定させるためには、新規顧客だけでは不十分です。新規顧客の獲得には販促費がかかり、売上げを圧迫するためです。

MAツールを活用すると、顧客ロイヤリティを高めるアプローチも可能です。見込み客の育成と同様に、MAツールは顧客のニーズも推測できます。リピート顧客を獲得し、売上げを安定させましょう。

MAツールの導入から運用までのステップ

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、以下のステップで導入します。

  1. 課題の抽出
  2. 導入するツールの選定
  3. 情報の整理
  4. シナリオ作成
  5. 運用

シナリオ作成とは、「誰に・いつ・どのような商品を・どのようにアプローチするか」の検討を指します。シナリオ作成の際は、ペルソナ設定を重視し、見込み客の目線で施策を考える必要があります。

MAツールを導入する際は、ぜひ、システムキューブにご相談ください。

MAツールを導入する心構え

マーケティングオートメーション(MA)ツールを導入するのみでは、顧客の増加や、売上げアップにはつながりません。MAツールが自動化できる内容をよく理解し、人の手とツールの棲み分けを行いましょう。

MAツールを活用するためには、シナリオを検討したり、見込み客に提供するコンテンツを作成したりするスタッフが必要です。MAツールの分析データを解析し、わかりやすく他部門に説明するスタッフも欠かせません。

MAツールを活用していけるか、導入前にイメージしてみましょう。

CRMやSFAと併用するには?

CRMやSFAを導入していれば、MAツールとの併用が可能です。CRMは、顧客管理ツールです。SFAは、営業活動支援ツールです。

MAツールにて見込みの育成・優先度の高い見込み客の抽出を行い、営業にアプローチをかけてもらいます。営業情報の共有化や効率化には、SFAが役立ちます。顧客を獲得できたら、CRMで情報を管理しましょう。

企業のタイプ別・おすすめのMAツール

数々のマーケティングオートメーション(MA)ツールのなかで、システムキューブがおすすめするMAツールを紹介します。導入や運用の際は、ぜひご相談ください。

※掲載した費用は、2022年3月12日のものです。正確な費用は公式サイトをご確認ください。

BtoBで充実サポート【SATORI】

SATORIは、見込み客の獲得能力に長けたMAツールです。オンライン・オフライン、実名・匿名問わず見込み客の一元管理が可能です。また、優先度の高い見込み客を抽出し、メールやポップアップ通知で自動的にアプローチをかけられます。国産のMAツールであり、サポート体制も充実しています。

初期費用:30万円(税別)

月額費用:14万8,000円(税別)※従量課金が発生する場合あり

SATORI導入支援

BtoBでコストダウン【HubSpot】

HubSpotは、世界120カ国以上で利用される実績豊富なMAツールです。BtoBで、コストを抑えてMAツールを導入したい場合はHubSpotをおすすめします。HubSpotは無料のCRMをベースに、有料でMAツールやSFAを追加できます。

初期費用:無料

月額費用:5,400円~(税別)

HubSpot導入支援

BtoCにおすすめ【Lステップ】

BtoCで、LINEを利用したマーケティングにおすすめのツールがLステップです。Lステップは、LINE公式アカウントを通じて見込み客、または顧客にアプローチをかけられます。飲食店、英会話スクール、トレーニングジムなどのマーケティングに向いています。

初期費用:無料

月額費用:2,980円~(税込)

Lステップ導入支援

システムキューブはMAツールの導入を支援いたします

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、見込み客の管理・育成、優先度の高い見込み客の抽出、顧客ロイヤリティの向上などに役立ちます。企業により、適したMAツールは異なります。自社の課題を解決するMAツールを選びましょう。

システムキューブは、MAツールの導入から運用までサポートします。MAツールの導入をご検討の際は、ぜひシステムキューブにご相談ください。

お問い合わせフォームへ

PAGE TOP ▲

お問い合わせフォームはこちら

お客様のビジネスの規模・内容に従い、最適なアプリケーションをご紹介します。
アプリケーションの導入・連携支援は、ぜひ、システムキューブにお任せください。

Copyright © 2022 System Cube Co.,Ltd. All Rights Reserved.