ブログ

システム今昔物語(その2)

2017年12月12日 22:13 | ブログ |

大台を超えたTKです。

今回は私が経験した昔のシステムと

今まさに経験しているシステムで感じていることを

書いていきたいと思います。

昔の開発言語もいろいろありましたが

汎用機をサポートしていた私は

COBOL一辺倒でした。

COBOLは命令が簡単だったのですが

いろいろ工夫する場合には、

なかなかおもしろかったです。

今の言語は命令がありすぎて使いこなせません。

そんな私がVB.NETと出会ったのが10年前ぐらいでした。

誰も修正する人がいないので

一度やってみようと思い始めました。

COBOLオンリーの私には衝撃的でした。

VISUALSTUDIOを使う、命令はどんどん出てくる

プログラクがファンクション化されている

正直覚えられないとは思ってました。

ただ、COBOLで培ったプログラム力は

なかなかなもので、VB.NETでCOBOLを

作る感覚が芽生えました。

我流ですが、何とか覚えることができ

ちょっとした内容なら使えるレベルになりました。

今は言語が多種多様で覚えるのが大変だと思いますが

1つプログラムを覚えていると、

何とかなるかも知れないとは思っています。

ちなみにACCESSもおぼえやすいと思います。

次回は「VSAMとORACLE」でお会いしましょう。