ブログ

古風なSEを目指して(第1回)

2016年7月14日 19:11 | ブログ |

雨にも負けて、風邪にも負けているTKです。

古風なSEを目指している私が経験したことを書いていきます。

そもそもSEとして動けていたかどうかはわかりませんが、

コンピュータ会社に入り、お客様と話をする。

私のSEの原点がそこにありました。

学生時代はコンピュータを触っていれば、

仕事をこなせると思っていたので、

会社に入ってからは、コンピュータに触る機会が少なく、

お客様との打合せや机上プログラミングが主だったので

結構ギャップが大きかったです。

そのそもSEとは何かをわかっていませんでした。

特に新人時代のお客様打合せでは、先輩についていき

眠くなりながら話しを聞いていました。

打合せ後に議事録を作成するよう言われ、

1週間ぐらい掛けて作成し、

内容も作成の遅さにも怒られた記憶があります。

私は人前でのおしゃべりがうまくなく、また打ち合わせ内容が

わからなかったのでなかなか発言できませんでした。

そうこうしているうちに、入社から半年ぐらいが経ち

私も1人で打合せに出かけることがありました。

分かる範囲で準備をし訪問しました。

ただ、わからないことが多かったので

打合せがすぐに終わってしまいました。

ある意味先輩に試されたと思います。

ただ、1人で打合せを行うと

自分がしゃべらなければ、話が進まないので

準備とそれなりの知識が必要だということを実感でき

貴重な体験となりました。

今でも準備不足の場合、話が詰まることがあるので

原点に戻らなければと思うことがあります。

次回は、「業務SEへの道」でお会いしましょう。