ブログ

Outlook.comの不可解な点

2013年2月20日 20:33 | パソコン関連 | しまざき

title

マイクロソフトがWindows Live Hotmailの後継として正式リリースしたOutlook.comですが、ベータ提供時から使ってみました。

webメールとして最新のユーザー体験をもたらすということについて、成功しているとは思いますが、開発方針がよくわからない部分がありますので、私見ですが書いてみたいと思います。

Outlook.comの良い点

Outlook.comは、GoogleのGmail対抗サービスとして、フリーメールのシェア拡大するために、Hotmailから大幅なリニューアルが行われました。

outlook

上記は差出人欄に、マウスカーソルを乗せた状態、コンピュータ用語ではHoverで表示されるメニューです。

hover

これは同じくメールにマウスカーソルを乗せると、未開封にするアイコンと、ごみ箱のアイコンが表示されます。

rightclick

これはメールを右クリックしたときにでるメニューです。

Googleなどでは、メールを個別にチェックボックスで選択したうえで、表示されるボタンをクリックすることで操作できることが、ボタンをクリックせずにサクサクと使用できます。

Webアプリケーションでここまで充実したインターフェイスを実現した点は素晴らしいところで、Gmailを置き換える、よりモダンなwebメールとして成り立っていると考えます。

マイクロソフトは何を目指しているのか

しかしこれはすべて間違いと感じます。

タッチパネルでは、マウスカーソルをホバーさせることも、右クリックすることもできません。

Windows8はタブレットPCとして売り出したはずです。タッチ操作だけでもユーザーを満足させるために開発されたものと認識しています。

このWebアプリのOutlook.comをマウスで使用した後では、Windows8の標準メールアプリがあまりにも機能不足で、チープに感じてしまいます。

結局LiveMailをデスクトップ画面で使うしかないのでしょうか。

Windows8のインターネットエクスプローラーでOutlook.comを使う際は、タッチパネルから手を放して、マウスでの旧来の操作に戻らないとストレスを感じます。

iPadなどでOutlook.comをブラウザで開いた場合は、スマートフォン用のような簡易なインターフェイスとなり、このような様々な機能に到達するのはさらに難しいです。

マイクロソフトによく考えてほしい点

従来型のPCの利用するユーザーに対して、ユーザー体験が損なわれるようなことをあえて行う必要はありません。

しかしタブレット、タッチ操作を前面に押し出したWindows8を主力商品として売り出していく以上は、そういった新しいユーザー体験の向上をまずは目指していくべきではないでしょうか。

マウスからタッチパネルへの操作体系の移行は、誰にとっても簡単なものではありません。

ユーザーにとっても、このまま慣れ親しんだマウスとキーボードを主としたコンピュータにとどまるべきか、割り切ってタブレットを利用すべきかということを悩んでいる時期ともいえます。

そこでタッチ操作を前面に押し出し、Windows8では、従来のコンピュータの操作を、ここまで気持ちよく快適に行える、というものを提供すべき時期ではなかったのかと考えます。

GmailからWebメールのシェアを奪いたいばかりに、Windows8の魅力をあえてスポイルするようなリリースをする理由が筆者にはよくわかりません。

筆者がWindows8ユーザーでOutlook.comのメールアドレスを気持ちよく使いたいのであれば、ブラウザで表示させたものをマウスで使って、タッチパネルには一切触れることはないと言い切れます。

それとともに、Windows8標準のメールアプリも不要になるので、スタート画面からピン留めを外してしまうでしょう。

せめてWindows8の評価が固まるまでは、ぶれないでいてもらいたいと思うのはユーザーのわがままでしょうか。

Windows8にシャットダウンのショートカットを作る

2013年2月19日 19:43 | パソコン関連 | しまざき

Windowsにカウントダウン式のシャットダウンを行うスクリプトを作ってみます。

Windows8でなくとも、WindowsXPやWindows7でも実行できます。

shutdown

Windows8のシャットダウンはタッチパネルでない場合、マウスを右端上下のホットコーナーに合わせて、チャームを出し、設定からシャットダウンを選ぶ、という手順が必要です。

win8shutdown

Shutdown.exe

WindowsにはXPのころからshutdown.exeという実行ファイルがあり、これを直接実行することで、シャットダウンを行うことができました。

コマンドプロンプトを立ち上げて以下を入力すると、30秒後にシャットダウンに入ります。(保存していない書類があるときは実行しないでください)


shutdown.exe -s -t 30

この三十秒の間に、シャットダウンを中止するには


shutdown.exe –a

で中止することができます。

しかし、シャットダウンのためにコマンドプロンプトからコマンドを入力するのは、むしろ手間がかかるので、実際に実行する人はいないと思います。

筆者の理想としては、Macのシステム終了のように、終了を実行してから、自動的にカウントダウンが始まり、その間に即時終了とキャンセルのできるものです。カウントダウンが終わると、自動的にシステムが終了します。

macshotdown

これにできるだけ近いスクリプトを作って、ショートカットから実行できるようにしてみたいと思います。

スクリプト実例

ファイル名: shutdown.vbs

Option Explicit

'define
Dim execParam
Dim intCounter
Dim rtn
Dim WSHobj
Dim Args
Dim WaitCounter
Dim flgForth

Const DEFAULT_COUNTER = 30
Const MINIMUM_COUNTER = 10

flgForth = 0

'Argument Check and Set

If WScript.Arguments.Count = 0 then
WaitCounter = DEFAULT_COUNTER
Else
Set execParam = WScript.Arguments

If IsNumeric(execParam(0)) = false Then
WaitCounter = DEFAULT_COUNTER
Else
WaitCounter = Cint(execParam(0))
End If

If WScript.Arguments.Count = 2 Then
If execParam(1)="f" Then flgForth = 1
End If

End If

If WaitCounter <= MINIMUM_COUNTER Then WaitCounter = MINIMUM_COUNTER

'Waiting loop
For intCounter = WaitCounter to 1 step -1

Set WSHobj = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

Args = "cscript ""popup.vbs""" _
& " """ & CStr(intCounter) & "秒後にシャットダウンします" & Chr(13) & Chr(10) & "OKですぐにシャットダウンします""" _
& " 1" _
& " ""シャットダウン""" _
& " 1"

rtn = WSHObj.Run (Args,0,true)

Select Case Rtn
Case 1
call procShutdown

Case 2
call procAbort
Case Else
'
End Select

Next

Call procShutdown

Wscript.Quit

'shutdown Procedure
Sub procShutdown
Dim Wshshell
Set Wshshell = WScript.CreateObject("WScript.shell")
If flgForth=1 then
Wshshell.run("shutdown.exe -s -f -t 0")
Else
Wshshell.run("shutdown.exe -s -t 0")
End If
WScript.Quit
End Sub

'abort Procedure
Sub procAbort
WScript.Quit
End Sub

ファイル名: popup.vbs

Option Explicit

Dim Arg
Dim rtn
Dim WSHObj

Set WSHObj = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set Arg = WScript.Arguments

rtn = WSHObj.Popup(Arg(0),Arg(1),Arg(2),Arg(3))

if rtn=1 or rtn = 2 then WScript.Quit(rtn)

Set WSHobj = Nothing

使い方

この2つのスクリプトをそれぞれ、vbsファイルとして保存します。

それらを一つのフォルダに格納し、起動する際はshutdown.vbsをダブルクリックします。

スクリーンショット 2013-02-19 16.44.53

カウントダウンが始まります。OKを押せば即時終了。キャンセルを押すと終了をキャンセルできます。

カウントダウンがおわると、自動的にシャットダウンします。

ショートカットのつくり方

shutdown.vbsを右クリックし、ショートカットの作成を選択します。

作成されたショートカットのプロパティを開きます。

shortcut1

ここで「アイコンの変更」を選択し、電源ボタンに変えてみます。

shortcut2

このアイコンを設定して、デスクトップにコピーすれば、いつでもショートカットからアクセスできます。

shortcut

オプション

このオプションは指定しなくとも、利用することができます。

shortcut4

vbsファイルの後に半角スペースを一つ開けて、数値を入力すると、カウントダウン秒数を変更できます。

最低限の猶予のために10秒以下は設定できなくなっています。

shortcut5

カウントダウン秒数の次に、スペースを一つ開けて、fと入力すると、アプリケーションの応答を待たず、強制的にシャットダウンします。

保存していないファイルも警告なしにシャットダウンし、失われてしまいます。

あまりお勧めのオプションでないので、よく理解していただいたうえでお使いください。

Bootcamp領域をVMwareで仮想化する

2013年2月14日 10:00 | パソコン関連 | しまざき

bootcamp

この記事ではMacBookAirの記憶容量を、Boot Campから解放してみます。

2010年に発売されたモデルのMacBook Airはかなりのヒット商品となりました。

11インチのモデルなどは持ち運びのコンパクトさなどから、モバイルに最適なノートパソコンとして多くの方が選ばれ、今のMacBook Airの普及の基礎となっています。

この持ち運びの良さから、Macのみならず、利用シーンに合わせてWindowsをBoot Campをつかってインストールする方も、多くいらっしゃったと思います。

Boot CampはMacの内蔵ハードドライブやフラッシュドライブの領域を分割し、Mac OSとWindows、二つのOSが選択式で起動できる仕組みです。

当時のMacBook Airはメモリ搭載量が2GB~4GBと仮想マシンを実行するには少なく、ストレージも64GBか128GBで、Boot Campでパーティション分割するとしても、Mac側の空き容量も、Windows側の空き容量も、すぐに少なくなってしまいます。

いろいろとインストールしたWindows領域を再構築することなく使い続けたい場合、新しいMacのBoot Camp領域に移す、あるいは仮想化して利用するなど、いろいろと方法はあります。

新しいBoot Camp領域に移動させるにはWinCloneを利用した方法がWebで多く見られます。

このBoot Camp上のWindows環境を他のMacやPCで仮想化することを試みてみました。

無事仮想化できれば、Boot CampアシスタントからWindows領域を削除し、OS Xのためにすべての領域を利用することができます。

利用するWindowsは仮想環境などでの利用をライセンスで認められていることを、記事では前提にして進めていきます。

Macでのインポート

Boot Camp領域のWindows環境を、WindowsPCの仮想マシンに移行する場合、必要な容量のUSBハードドライブなどをexFATでフォーマットしておきます。

これはMacのディスクユーティリティーで行うことができます。exFATであれば、大きいファイルをWindowsでもMacでも利用できるので、双方で読み書きするのに便利です。

Boot Camp領域のあるMacに、VMwareFusionをインストールします。

http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/fusion/overview.html

VMwareFusionの30日試用版でもこれからの作業は行えますが、MacでVMwareを利用し続けるのであれば、製品版を購入することをお勧めします。

実際に移行できるかを試用版で試してみるとよいでしょう。

import

ファイルメニューからインポートを選択し、Boot Camp領域を選んで、「Boot Campのボリュームの内容をインポートし、それをVMware仮想マシンで使用します。」を選択します。

これはBoot Camp領域を仮想マシンとしてそのまま利用するのではなく、Boot Camp領域のWindowsを別の領域に、仮想マシン形式で保存しなおします。

Boot Campからのイメージの移行のためにこれを利用します。

import2

この仮想マシンにわかりやすい名前を付け、外付けのHDDを保存先に選び、インポートを行います。

importing

インポートにはBoot Camp領域のサイズによって、時間がかかります。数十ギガバイトでしたら、USB経由ですので、それなりに時間がかかるので、気長に待ちます。

インポートが終われば、仮想マシン名.vmwarevmというファイルが作られています。

Macでの仮想マシンの実行

あたらしいMacでは、まずVMwareFusionをインストールします。http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/fusion/overview.html

インストールすると、仮想マシンフォルダが書類の中にできるので、この仮想マシンファイルを仮想マシンフォルダにコピーします。

USBハードドライブからも実行できますが、毎回時間が余計にかかりますので、ローカルに保存しておくことをお勧めします。

open

この仮想マシンファイルをダブルクリックし、VMwareFusionを起動します。

opend

仮想マシンが無事起動すれば、見慣れたWindwosの起動画面が表示されるはずです。

VMWARETOOL

この仮想マシンにVMware Toolsを忘れずインストールすると、ネットワークやサウンドなどのドライバが導入され、この仮想マシンを滞りなく利用することができます。

無事、必要なアプリケーションの動作を確認したら、Windowsを再アクティベートすることを忘れずに行いましょう。

仮想マシンファイルは、かなり大きく、TimeMachineバックアップ領域を大量に使ってしまいますので、過去記事

MacでSparseBundleImageを利用した仮想マシンバックアップ

もご参考にしていただけるかもしれません。

Windowsでの仮想マシンの実行

非商用であれば、VMwarePlayerを利用することができます。これは無料で利用できる仮想マシン実行環境です。

VMwarePlayerは簡易版で、起動中の仮想マシンのスナップショットをとって、復元するなどの機能が省略されています。

http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview.html

商用であれば、VMWareWorkstationを購入して利用してください。

http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/workstation/overview.html

vmware1

VMwareのインストーラーの指示に従って、インストールを進めていきます。

vmware3

インストールが終わると、Macでは一つのファイルに見えていた、仮想マシンファイルがフォルダとして見えます。

この場合も、USBドライブからローカルのHDDドライブにフォルダごとコピーしておくことをお勧めします。

vmware5

VMWareプレイヤーから仮想マシンをこのように開くと、

vmware6

画面のようにライブラリの中にセットされます。ここから仮想マシンの再生をクリックします。

vmware8

見慣れたWindowsのスタートアップが起動すれば、あとはVMwareToolsをインストールするだけです。

必要なアプリケーションの動作を確認したら、Windowsを再アクティベートします。

イメージバックアップで環境をそのままにPCを引っ越してみる

2013年2月8日 21:15 | パソコン関連 | しまざき

ikou-img

パソコンの買い替えなどの際に、データの移行ツールやUSBドライブなどを使ってユーザーファイルを移行し、ソフトなどは再度インストールしなおす、という経験をされている方も多いと思います。

今回、社内で必要があり、13インチノート型PCから15インチノート型PCへシステムを丸ごと移行するということを、試してみました。

イメージのバックアップにはNortonGhost15を使用しています。

Windows標準の、バックアップと復元の方がスムーズにいくかもしれませんが、いろいろな事例の一つとして、参考までに書いてみます。

イメージバックアップ最大の難問、ライセンス

PCにあらかじめインストールされているWindowsはOEMライセンスのもとに提供されているものですので、使用はそのインストールされたPCでのみ承諾されています。

このライセンス的な部分は最低押さえておかないと、移行した先でライセンス認証が通らない、ライセンス認証が通っても、ライセンス規約違反で使用することに、ほぼなると思われます。

現在のライセンス情報を取得するには、コマンドプロンプトから

slmgr /dlv

と入力すると確認できます。

ikou2b

赤枠で囲っている部分がOEMライセンスであることを示しています。

これを正規Windowsライセンスに、ライセンスを入れ替えます。

ikou3b

slmgr /ipk プロダクトキー

で、プロダクトキーを正規ライセンスに上書きします。

ikou4b

上記のような形でプロダクトキーの入れ替えができました。

ikou5b

赤枠の中、OEMからRETAILになったことで、一般向け正規品を表しています。

ikou6b

この状態でライセンス認証は行われていないので、この状態でイメージを取得します。

ライセンス認証は機器の構成が大きく変わるごとに必要になりますので、ここでライセンス認証をしてしまうと、移行先での再認証が必要になるはずです。

NortonGhostの作業

ここからNortonGhostの作業です。

今回NortonGhostを利用したのは、これで環境を移行した実績があったため、最も短期間に移行できると考えました。

今回の移行が失敗しても、V2iファイルからVHD(仮想ハードディスク)に変換して、データを取り出せばよいと考えていたのも一つの理由です。

バージョンはNortonGhost15を利用しました。

NortonGhostをDVDドライブに入れ、再起動し、DVDドライブから起動します。

NG1

WindowsPEという、DVDから起動できるWindowsをベースにしてNortonGhostが起動します。

コンピュータをバックアップを選択し、コピーするボリュームを選択します。

バックアップ先は外付けのUSBハードディスクを選択します。

今回USB3.0のドライバがWindowsPEに含まれていなかったためか、USB2.0ポートにつながないと認識されないということが起こりました。

NG2

コピーが始まります。ここで40分ぐらいの時間がかかりました。

NG3

このイメージを引っ越し先のPCで修復をかけます。

ここで、引っ越し先のPCのディスクの内容は完全に失われ、上書きされます。

NG6

ここでおそらく、起こるであろうと想定していたことは、パーティーション番号などの差によって、Windowsが起動しないという事態です。

Cドライブしかないと考えていても、メーカーの用意した診断ツールや、リカバリ領域などで、ハードディスク内の構造は変わってきます。

実際に修復が終わった後、Windowsのインストールされた領域が見つからないので、インストールメディアから修復するようにと、表示されました。

黒い画面に英語で表示されますが、具体的な修復方法を示してくれているので、親切です。

指定された通り、Windows7のインストールメディアから起動し、言語とキーボードを選択したのち、今すぐインストールの画面から、コンピュータを修復する、を選ぶと無事修復されました。

NG11

機器の構成が完全に入れ替わっていますので、ドライバ一式が最低限の構成に変更され、そこからすべての機器を認識して、ドライバのインストールが始まります。

この辺りは標準で大量のドライバを持っている、Windowsの強みですね。

何度か再起動すれば適正な解像度で画面が表示され、無線を含めたネットワーク接続、サウンドの再生などが行えるようになりました。

修復後の作業

修復後、一通りのデータや、アプリケーションなどが引き続き利用できることを確認します。

それができなければ、丸ごと引っ越した意味がないので、必要な確認です。

データも、アプリケーションも無事に引っ越しが終わっていました。

ブラウザのお気に入りやログイン情報、メールや連絡先、パスワードを含めたアカウントの情報なども完全に復元されています。

引っ越し前にあったカメラ、指紋認証、内蔵マイクなどがないため、エラーが出る関連のアプリを削除します。

Officeは再認証を必要としました。このOfficeはOEMライセンスではないものですので、移行には問題はないはずです。

動作の確認が十分に取れたら、移行は完了として、Windowsのライセンス認証を行います。

ikou7b

こちらから、ライセンス認証を行います。

PCは第三世代Corei5からCore2Duoの機器に変更されております。

ikou8

ネットワーク接続があれば、ライセンスは正常に認証され、作業は終了です。

引っ越し元はリストアし、別の役割が与えられました。

この引っ越し作業の意味

今回行った引っ越しは、データの引っ越しと、多少のアプリケーションのインストールだけで事足りるものではありました。

しかし、このようなことが実現できることを、あらかじめ確認しておくという意味合いがありました。

古いPCから、丸ごとイメージの引っ越しというのは、それなりに需要があることではないでしょうか。

複雑にインストールされたソフトウェアの構成を崩さずに、古くなったPCを新しいものに置き換えたい。

あるいは古くなったPCを仮想化して、必要な時だけ仮想マシンとして起動し、PC台数を整理したい。

このような作業を行う上で、元になるPCにWindowsがプリインストールされていれば、ライセンスの問題が必ず出てきます。

このライセンス入れ替えには正規ライセンスのプロダクトキーを所有している必要がありますが、この手順を踏めば、ライセンス規約に抵触せずに、PCを新しいものに移せそうです。

ライセンス条項はOSだけではなく、アプリケーションにもあるものですので、PCを移行した際に、規約に問題がないかを個別に確認しておく必要があります。

たとえば、プリインストール版のOfficeは購入時のPCでの使用に制限されているはずです。

もっと単純な方法もあるとは思いますが、ひとつのケースとしてご紹介させていただきました。

ownCloudのテスト中の使用感

2013年2月7日 11:00 | パソコン関連 | しまざき

owncloud

Dropboxの代替手段として紹介したownCloudですが、いろいろとテストしてみています。

まだまだ実用ベースで利用できるという判断はしていませんが、現在までのざっくりとした感想を書いてみようと思います。

Web経由ですと、php.iniのファイルアップロードの上限を受ける以外に、仕組み上の1GBの制限があるようですが、クライアント経由、WebDAV経由であれば、それらの制限は受けないようです。

4GBのファイルを試みにアップロードしましたが、owncloudディレクトリ配下のユーザーディレクトリに同期されました。

そこから他のマシンへの再同期は現在試していません。

あまり大きなファイルを扱うのは得意ではないと考えられますが、バックアップ用として、サーバに格納されればよいのであれば、使い道はあります。

転送速度について

フォルダを同期しながらのファイルコピーは大きな時間がかかりますので、

owncloudpc

同期を一時停止してからファイルをコピーし、そこから再開することで、ファイルコピーとファイルの転送を分けて行うことができ、大きなファイルは円滑にアップロードできるように感じます。

この方法で、700MB程度のファイルの転送に要した時間は9分でした。

1.3MB/秒ほどのアップロード速度が出ていますので、テストした環境では、dropboxへのアップロードよりは、はるかに高速に行われているという感覚です。

Dropboxは独自の通信手段と、暗号化、サーバーもアメリカにあるという事ですから、参考程度の数値ではありますが、筆者の環境では300KB/秒ほどが平均的なアップロード速度です。

大容量、長時間のアップロードについて

個人所有のVPSにownCloudを設定し、就寝前に、個人所有のそれなりに大容量で多数のファイル、21GBをクライアント経由で同期するテストを行いました。

起床までに転送は終了しており、ログによると転送時間は6時間程度かかり、おおよそ0.9MB/秒ほどの速度が出ていたことになります。

Dropboxでは有料でないと21GBの転送を試すことはできませんので、Dropboxでは同等のことを試すことは筆者にはできません。

アップロードしたものは、複数の日本語を含むファイルでしたが、iPhoneのownCloudアプリでファイルを確認したところ、正常にファイル名をみることができました。

owncloudiphone

LTE圏内であれば、一つのファイルが数秒でダウンロードされます。

ownCloudクライアント自身では音楽の再生機能はないので、そこからGoodReaderで開くを選択することで再生も可能でした。

このようなサーバ経由のメディアファイルの取り扱いは、法的な解釈が分かれるところであり、このサーバーを他者とも共有しない限りは違法性は薄いと考えますが、あくまでわかりやすい規模のボリュームの、アップロードのテストとして行っていることを付け加えておきます。

SSL通信について

PCやMac、iOSのクライアントを介したものも、HTTPSを設定していれば、すべてSSLで通信されているようです。

アップロードもダウンロードもSSL通信で行われていることが、ログからも確認できます。

コストなどについて

今回使用した自己所有VPSテスト用サーバーはさくらのVPS2Gプランを使用しています。

Dropbox有料プランと、さくらVPSの価格を単純に比較してみます。

Dropboxは100GBの容量が年間$99.00、200GBで$199、500GBで$499です。

費用はこれだけで、あとはプロバイダなどの一般的な通信費用となります。

さくらVPSであれば、1Gプランディスク容量100GBで10,780円、2Gプラン200GBで16,800円、4Gプラン400GBで47,760円です。

VPSですのでシステム領域が必要ですので、すべてをストレージとして使用することはできません。

これに追加して、SSL通信を行うためにドメイン、SSL証明書で年間約4000円~の費用が最低でもかかります。

Dropboxは割安なうえに、導入までに必要な手間は全く違いますので、簡単に比較できるものではありません。

コスト的な面で見るとこのような差があります。

ownCloudの有利性

自己管理のサーバーであるため、さまざまなVPNソフトや、iptables、htaccessを利用した、アクセス制限をニーズに合わせて設けられることが、Dropboxに対する優位性と考えます。

社内保有のサーバーなどにも導入することができますので、データのバックアップや完全な消去などを自己の管理下で行うことができます。

これからまた、様々な形でテストを行い、ownCloudの有用性を探っていきたいと思います。

Javaを学ぼう!

09:11 | パソコン関連 | とよ

これからJavaを学ぼうという人は多いと思いますが、
悲しいことに、実行環境の構築でつまづく人が多いのも事実。

せっかく参考書を買ってきて、いざ始めようと思ったのに、
JDKの導入やら、意味不明なDLサイトやらで、
Javaに触れる前に逃げ出した人もいるのではないでしょうか。

「もっとお手軽にJAVAを勉強したいぞ!」
そんな方のために、今回は素敵なサイトをご紹介いたします。

Dokojava

簡単なコードなら、ブラウザ上でコンパイル~実行確認ができます。
さらに、スマートフォンからのアクセスも可能で、
出先でちゃちゃっと学習、なんてこともできてしまうわけです。

これからJavaを学ぼうと思っている方は、
まずは、このサイトから始めてみてはいかがでしょう?

Windows8の価格について

2013年2月6日 18:59 | パソコン関連 | しまざき

windows

以前「WindowsXPのお得感のナゾ」で歴代のWindowsシリーズの正規価格を一覧としてまとめましたが、この度Windows8では提供方法などの変更がありました。

このことについて、まとめてみたいと思います。

Windows8の提供方法と価格

今回のWindows8からは、新規インストール用の正規版は廃止された模様です。

従来まではOEM版、あるいはDSP版と呼ばれる、PCやパーツとのバンドル版が、バンドル販売の縛りがなくなり、新規インストール用パッケージとして販売されているようです。

これまでのOEM版は単品販売は禁止されており、PCとの同時の販売、プリインストールでの販売、パーツとのセットでの販売、および本体、パーツとの同時使用が義務付けられていましたが、今後単独での使用が認められる模様です。

従来はDSP版はメーカーあるいは販売者によるサポートとなっており、マイクロソフトからのサポートが受けられませんでしたが、今回は単独での使用が認められるとともに、販売者によるサポートもなくなる模様です。

販売者によっては、独自にサポートを提供しているところもあります。

DSP版ではなく、直接マイクロソフトから発売される正規版はアップグレード版のみとなり、WindowsXP、WindowsVISTA、Windows7からのアップデートのみとなります。

この場合はマイクロソフトからの90日の無償サポートを受けることができます。

価格はDSP版Windows8Proがおよそ16,000円程(販売者によって差があります)、アップグレード版がWindows8Proで\25,800円となります。

Windows8Proは機能的にはBitLocker暗号化など、Windows7Ultimateの後継型となるものですので、かなり安価となりました。

価格帯変更の理由として考えられること

Windows8は、正規サポートが2018年1月まで、延長サポートが2023年1月までと、ほぼ従来と同じ長さ(120ヶ月前後)のサポート期間を表明しています。

延長サポート終了まではセキュリティアップデートが受けられることになっています。

従来のWindowsの正規版は35,000円~40,000円の価格帯でしたが、今回正規アップデート版で25,800円、サポートなしとはいえDSP版が16,000円ほどと、かなりの価格体系の変更が大きく目立ちます。

おそらくマイクロソフトとしては、タッチパネル型の新規PCの使用を奨励するもので、従来のPCへのアップデートよりも優遇したいという意図が感じられます。

Windows8のスタート画面はタッチパネルでこそ使用感が真価を発揮するものであり、従来型のPCへのインストールでは、その一番の変更点を活かすことができないものです。

Windows7よりも基本的な機能で進歩している部分がありますが、ユーザーの視点はその大きな変更点へ注がれることになります。

保守的に使用できるWindows7の使用を継続したいユーザーにとっては、買い控えが起こることは考慮したうえでの価格変更であったと考えます。

オフィスのダウングレード権について

2013年2月5日 20:17 | パソコン関連 | しまざき

MSVL

マイクロソフトオフィス2013の発売日が近づいていますが、マイクロソフトオフィスのダウングレードについて調べてみました。

パッケージ版OEM版は対象外

パッケージ製品、あるいはプリインストール版のオフィスはダウングレード権の対象になりません。

対象になるのはボリュームライセンス版、あるいはソフトウェアアシュアランスが付与されたライセンスとなります。

ボリュームライセンス版とは

ボリュームライセンス版はマイクロソフトと契約することにより、同一製品の複数台インストールをおこなう形でライセンスを購入するものです。

ライセンスリセラーという業者を通じて購入することができます。

これは法人向けのサービスですが、法人だけではなく、個人としても契約することができます。

最低3ライセンスからの購入となり、複雑な料金体系を持っていますが、もっとも手軽なものはOpenLicenseとよばれるものでしょう。

インストールメディアは別途購入か、ボリュームライセンスサービスセンターでのダウンロードとなります。

ダウングレードするには

ボリューム ライセンス、OEM 製品、およびパッケージ製品のライセンスのダウングレード権

こちらにダウングレードについての文書があります。

こちらによると、「ボリューム ライセンス プログラムを通じて取得されたすべてのアプリケーション ソフトウェア ライセンスにダウングレード権が付与されます。」とあります。

また「ソフトウェア アシュアランスを追加したすべてのライセンスについてダウングレード権が付与されます。」ともあります

ソフトウェアアシュアランスとはOSやアプリケーションのアップグレード保証などのついた、ソフトウェアに付加することができる権利で、有効期間が存在します。

OEM版やパッケージ版にも購入90日以内であればソフトウェアアシュアランスを付加することで、ダウングレード権を得ることができるようです。

ボリュームライセンスサービスセンターでダウングレード用のソフトウェアがダウンロードできるのは、一世代前までということですが、インストールメディアを用意できるのであれば、あらゆる世代にダウングレードできるようです。

ダウングレード用ライセンスの請求はボリュームライセンスサービスセンターの窓口に請求する必要があります。

発行されたライセンス番号を過去のオフィスのインストール時に入力することによって、ダウングレードが可能となります。

マイクロソフトのサポートへお問い合わせを

ボリュームライセンスの価格体系は非常に複雑であり、さらソフトウェアアシュアランスを同時購入するかどうかという選択も加わると、料金がいくらなのか、などを正確につかむのは難しいことです。

まとめ買いであるからといって、極端に安くなるわけではなく、OEM版などとは違った正規価格に近いものです。ソフトウェアアシュアランスなども付加すると、それなりの金額となります。

オフィスのダウングレードが必要な場合、ボリュームライセンスで購入するか、OEM版でソフトウェアアシュアランスの付加できるものか、あらかじめの確認が必要となります。

マイクロソフトサポートにて、ご購入前に相談されることをお勧めします。

どういった予算で、どのバージョンのオフィスが何ライセンス必要かということをまとめておくとよいでしょう。

関連の記事

マイクロソフトオフィス関連は、過去にも記事にしております。

Accessのリプレースシステム開発

Access2013へのコンバージョン

Microsoft Accessの移行について

Office2013発売日と価格決定、Office2010について

iPhone5とiPad miniでBluetoothテザリング

2013年2月1日 20:39 | パソコン関連 | しまざき

iPhone5も各キャリアともテザリングが解禁となり、一段と使いやすくなりました。

iPhone5入手まで、筆者はdocomoのモバイルWi-FiルータとiPhone、時によってiPadを持ち運んでいましたが、このiPhoneのテザリングを使用することによって、モバイルWi-Fiルータを持ち運ばなくなりました。

iPhone5でテザリングを行う場合、Wi-Fi経由、Bluetooth経由、USB経由と方法は選べますが、今回Bluetoothを利用したテザリングの例を紹介します。

__ 1

iPhoneとiPadのペアリング

Bluetooth機器を利用する場合、ペアリングという認証をすることで、ワイアレスで接続することができます。

双方の機器のBluetoothをONにします。

双方の機器でお互いの機器名を認識すると、ペアリングが行えます。

一方から、もう一方の機器名をタップします。

__ 3

iPhone側

__ 5

iPad側

このようにお互いの数値が、同じものが表示されていることを確認して、ペアリングをタップします。

このペアリングは一度行うと、相手の機器を記憶しますので、ペアリングを解除しない限りは、再度行う必要はありません。

__ 7

テザリング中はこのように楕円が二つ重なったような表示が出ます。

Wi-Fiテザリングの方が、接続スピードは速いようですが、Bluetoothによるテザリングは、iPadの側からiPhone(親機)のテザリングのオンとオフを操作することができます。

iPadがテザリングを受けている状態で、iPad側のBluetoothをOFFにすると、iPhone側のテザリングが解除され、iPadがわから再度接続すると、iPhoneのテザリングが開始されます。

少々わかりにくいですが、iPhone側でテザリングがオンになると、画面上部のバーが青色に表示されます。

__ 4

インターネット共有と表示されている間はテザリング中となります。

テザリング開始する際に、iPhoneを取り出して操作する必要がないのは、便利なポイントです。

各キャリアとも通信量の制限がありますので、3GのモバイルWi-Fiルータと同じ感覚で使うと規制されそうですが、それほどの通信量がない方にはおすすめしたいです。

バッテリ消費などに対応するため、モバイル用バッテリも一つ持ち歩いてみて、どれぐらいの時間使えるのかなどを試してみたいと思います。

docomo携帯からiPhoneへアドレス帳移行

2013年1月30日 17:15 | パソコン関連 | しまざき

スクリーンショット 2013-01-30 16.21.56

近頃身の回りでいわゆるフィーチャーフォンからiPhoneへ移行する人が、二人いたのですが、従来型の携帯と違い、アドレス帳を携帯ショップでコピーしてもらえなくなりました。

ショップでもご自分で行っていただけるようにお願いします、と言われてしまいます。

従来は携帯の赤外線を通じてアドレス帳コピーや、メモリカードやFOMAカードを利用したコピーなどができましたが、iPhoneは外部メディアからの読み取りが基本的にはできません。

今回、MacのiTunesを利用して行ったアドレス帳の移行を試す中で、同じ問題が二回発生したので、その解決法について書いてみたいと思います。

アドレス帳移行の環境

移行元となった携帯電話はdocomoのF-01AとF904iです。両方とも富士通製ですが、これらの問題が富士通製品に共通するものか、他のメーカーでも起こりうるものなのかは検証していません。

これを一度Macの連絡先に読み込み、iTunesを経由してiPhoneに転送します。

移行元携帯電話ではMicroSDカードにアドレス帳をバックアップします。

これでMicroSDカードには全件分のvcfファイルが作成されます。

vcfはvCardファイルという標準規格のフォーマットですので、さまざまなアプリケーションで読み込み可能です。

Macへ読み取りの際の問題

スクリーンショット 2013-01-30 16.07.05

USBカードリーダーやmicroSDカードアダプタなどを利用して、VCFファイルをコピーします。

この場合、PIMという名前のついたフォルダに格納されていました

ダブルクリックして、このファイルを読みこみます。

スクリーンショット 2013-01-30 15.32.44

連絡先に、読み込み中に問題が起きました。とメッセージが出ます。

追加を押します。

スクリーンショット 2013-01-30 15.33.04

連絡先にすべてのファイルが読み込めているようです。

しかしこれをiPhoneに同期しようとしてもできません。

おかしいなと思い、もう一度連絡先を開くと

スクリーンショット 2013-01-30 15.33.24

きれいに消えてます。

何度やっても同じ状態になります。

問題の解決

どこかvCardファイルに不整合や非適合な部分があるのかもしれませんが、そのような検証は行わず、アナログ的な方法で解決します。

再びvcfファイルをダブルクリックし、問題のあるファイルを読み取ります。

スクリーンショット 2013-01-30 15.33.04

この状態で、左側アドレス帳の全件を選択します。

スクリーンショット 2013-01-30 15.34.05

アドレスの一番上を選択して、シフトキーを押しながら、一番下の項目を選択します。

青くなった分が選択された項目です。

この状態で書き出します。

renraku

ファイルー書き出すーvCardを書き出すを選択し、連絡先からvCardファイルを書き出します。

スクリーンショット 2013-01-30 15.35.10

連絡先から書き出したvCardであれば、きちんと読み込めるのではないかという推測です。

スクリーンショット 2013-01-30 15.35.48

この書き出したファイルを連絡先で読み込みます。

スクリーンショット 2013-01-30 15.35.58

読み込み中に問題が起きました、が今回はありません。

スクリーンショット 2013-01-30 15.36.48

無事読み込むことができたようです。

この状態で連絡先を閉じ、再び連絡先を開いてもデータが残っていることを確認します。

スクリーンショット 2013-01-30 15.38.31

この状態でiTunesで連絡先の同期を行います。

iPhoneで読み込んだ連絡先データに読み落としがないか、データの欠落などがないかを確認してください。

最初の読み取りの時点でエラーが出ていますので、読み落としがある可能性がありますが、必要な部分を追加登録するだけでよいので、大幅に手間は縮小されると思います。