ブログ

May the CUBE be with you.

2015年12月16日 12:26 | ブログ | | 235 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - May the CUBE be with you.
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

お久しぶりです、やのっちです。
今回はちょっと本から離れて、家の外に出てみようと思います。

明後日の12月18日に、いよいよ公開を迎える「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

熱烈なファンという程ではありませんが、それでも初代から見続けていた者としては、旧シリーズの主要メンバーから3人(ルーク・スカイウォーカー役:マーク・ハミル、レイア・オーガナ役:キャリー・フィッシャー、ハン・ソロ役:ハリソン・フォード)が続投するということで、映画館に足を運ぶ気満々です。
映画初公開が私の生まれる前なので、厳密には追いかけ続けているとは言えませんが。
特にハリソン・フォードは、エクスペンダブルズ3でも昔のハン・ソロを思わせる茶目っ気のある役を演じていたので、今回も期待大です。
他にも、中の人としてC-3PO役:アンソニー・ダニエルズ、R2-D2役:ケニー・ベイカー、チューバッカ役:ピーター・メイヒューも続投のようですね。

素晴らしい!


ところで、映画の公開に合わせて、こんな企画が行われているのはご存知でしょうか?

銀河系特急ラピート

そう。実は今回の本題はこちら。

rapit_normal_01

南海電鉄の鉄人28号

特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号です。

つい最近<いい乗り物を探している方>もいらっしゃったので丁度良いかと。
乗り心地は文句なし、防寒対策も完璧です。

さて、独特なフェイスの青い特急、南海電鉄のラピートですが、以前にも機動戦士ガンダムUCとのコラボで真っ赤に染まったりしていました。
それが今回は、スター・ウォーズとのコラボで黒いボディにお召し替え。

rapit_sw_01

写真で見るとほんのり色が変わった程度にしか見え……
光の加減で微妙な色違いに見えますが、実際に目にするとハッキリ違いがわかります。
まさに黒鉄の城。

ラピートといえば関西空港⇔難波間を走る特急ですが、
和歌山駅から向かうとなると、使うルートとしては

・和歌山駅→日根野駅→関西空港駅(890円)
・和歌山駅→和歌山市駅→泉佐野駅→関西空港駅(1060円)

むしろYahooの路線案内では「和歌山駅からバスに乗れ」って言われました。
お値段1150円……。

なぜそれをチョイスした?

さらに関西空港駅→難波間は920円。
加えてラピートの特急券が510円。(レギューラーシートのお値段。スーパーシートなら720円)
……関西空港駅を経由すると、和歌山→難波間が2320円。
本来、和歌山→難波は1110円なので、ほぼ往復分のお値段になります。

というわけで。
izumisano_board_01

検討した結果、
和歌山→和歌山市→泉佐野→(ラピート)→難波
のルートで行くことにしました。
電車に乗り遅れて関空まで行く時間が無くなったワケではありません。
これだと通常運賃の1110円+特急券510円となり、関西空港経由より700円お安くなっております。
その分ラピート乗車時間は10分ほど減りますが、泉佐野→難波まで30分程なので時間を取るか値段を取るか、といった所でしょうか。

参考までに、運行時間は<こちら>にありますが、関西空港発難波発の時間しか無いので、泉佐野から途中乗車するなら関西空港発の時間に10分ほど足せばOKです。
なお、Yanoo路線情報さんで調べた結果、運行時間に無いはずのラピートが走っていると言われて、ちょっとしたホラーです。

大丈夫か、これ?


気を取り直して。
まずは和歌山市駅に移動し、そこから同南海の特急サザンで泉佐野駅に向かいます。
こちらは普通車両なら特急料金無しでOK。
泉佐野駅に着いたら、ホーム内の特急券売機を探します。

ticket_vending_machine_01

時代の風格を感じる発券機。
ちょうど次に来る予定がラピートだったので、液晶にもラピートの文字が表示されています。

ticket_vending_machine_02

そして無事に特急券を購入。

ticket

南海の特急券って、ラピート、サザン、こうや、りんかんと、どれでも510円なんですよね。
ラピートまで510円というのは初めて知りました。
いや、実はラピートに乗ること自体初めてだったもので。


ところで、今回泉佐野駅から乗車して思った事ですが、ここ、撮影には結構良い場所かもしれません。
土曜午前、途中の停車駅という事もあってか、電車が入ってくるホームの端はこのようにスッキリ。

rapit_sw_04

写真は撮りそこねてしまいましたが、ホーム全体を見渡しても人が多いという事もなく。
むしろ、わざわざ写真を撮影しているのは私と他一名だけ。
停車時間が短い事を除けば、なかなかの穴場かと思います。

これが、難波駅まで行こうものならこうはいきません。

関西でも特に人が集まる難波駅。
ラピート到着後はご覧の通りです。

rapit_sw_02

rapit_sw_03
(プライバシー保護のため、一部画像を加工しております)

もちろん全ての人がスター・ウォーズ仕様のラピートを見るために集まっているわけでは無いのですが、やはり物珍しさから記念に一枚とスマホを掲げる人も多数。
私もその中の一人です。
ちなみに、黒いラピートが関西空港へ向けて発車した後、青いラピートが難波駅に到着した時の模様もご覧頂きましょう。

rapit_normal_02

まぁ、すっきり(棒)


さて、肝心の外装や内装の写真ですが、あえてここには載せません。
写真が上手く撮れていなかったからこちら、来年の5月8日まで運行しているとの事なので、もし大阪に出向かれる機会があれば、ぜひタイミングを合わせて実物を目にしてみてください。
漆黒に輝くデザインと、そこに描かれるキャラクター達は一見の価値があると思います。

最後に、帰路の際に改札から外に出て↓の写真を取ることを快諾してくださった橋本駅の駅員さんに感謝の意を捧げて、本日はここまでとさせて頂きます。

Xmas
JR和歌山線「橋本駅」改札口にて


キューブと共にあらんことを

CUBE_WARS