ブログ

はじめてのぶろぐ

2015年10月1日 18:53 | ブログ | | 149 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - はじめてのぶろぐ
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

はじめまして。9月に入社したばかりの矢野(やのっち)と申します。
よろしくお願いします。

さて、社員持ち回りのブログという事で、日々興味深く拝見させてもらっていたのですが、入社一ヶ月にしていよいよ私にもお鉢が回って参りました。

まいりました。

なにげに、パソコン歴約20年にして、ブログを書くのは初めてになります。
……ちょっと言葉が足りませんでした。
本名を伴ってブログを書くのは初めてなのです。


私が初めてインターネットに接した頃に、そこかしこで聞いた言葉があります。

「ネットでの実名は危険」

現在でもよく聞く言葉だとは思いますが、この言葉を信じた私は、初めてネットデビュー以来ハンドルネーム(HN)を使用してきました。
結論から言えば、実名にせよHNにせよ、固有名詞を名乗った時点で、不用意な発言をすればそこから炎上やストーカー行為につながったりするわけですが、幸い私個人にはそのような事もなく、昔ながらのHNを今も使い続けています。
結局のところ、世間的におかしな発言や行為を行わなければネットの世界でも平和に過ごせるよね、というのが私の持論です。
(ずっと細々としか活動してこなかった事も要因の一つだとは思いますが)


ところで、現在のネットでの実名と匿名の割合ってどんなもんなんでしょう?

私がネットを始めた頃、名前を使う場面は個人サイトの掲示板ぐらいだったのですが、昨今では
・fasebook
・LINE
・Skype
・mixi
・twitter
・youtube
・ニコニコ動画
・各ゲーム機でのonline通信や、ネットゲームでのユーザー名
……等々。ずいぶん増えたもんです。
あくまで独断と偏見になりますが、実名を使う割合が高いであろう順番に並べてみました。
facebookは基本的に実名登録という規則があるので当然ながら最上位ですが、LINE、Skype、mixi等はネットに深く関わっていない人が使う機会も多く本名を使う方も多いのではないでしょうか。
私の感覚では、実名1割、匿名9割というイメージなのですが。

では、実際はどうなのか?
という事で、総務省で公開されている「情報通信白書(平成27年版)」を拝見。

この白書の第4章 第2節の「SNSでの「拡散」と「炎上」」に「SNSの利用率及び実名利用率」がありました。
SNSの利用率及び実名利用率

どうしよう、想像以上に多かった……。

さておき、ここで取り上げられているのは代表的なSNSということで5種類のみが対象。
左側が、過去1年間の間に利用したSNSの回答結果。
右側が、使用者に対する実名/匿名利用の回答結果。
nは回答者数です。
youtubeその他はともかく、Skypeは恐らく通話アプリに分類されているため扱われていない模様。
同種のLINEについては「利用の広がりに鑑みSNSに含めた」との注釈がありました。

それぞれで見ると結構な偏りがありますが、全体として計算すると、

実名52%
匿名48%

……facebookがあるとはいえ実名の方が多く、facebook抜きでも実名使用40%と結構な数です。
個人的には、完全に予想を裏切られる結果となりましたが、それだけネットでのコミュニケーションツールと現実との境界が減ってきているという事でしょうか。
今回のアンケート対象になっていたツールに拠る所も多いとは思いますが、それでも表向きは曖昧な場所であるネット空間が、少しずつ現実の形を作ってきているのかもしれません。


とまぁ無い知識で小難しそうな言葉を並べてみましたが、実の所、私がHNを使っていた本当の理由は
「漫画家みたいにペンネーム使ってる俺カッケー(※カッコイイ)」
「みんな使ってたから」
の2つに尽きるんですけどね。

あなたがもしHNを使っているのなら、それはなぜですか?

では、また。