ブログ

iPhone紛失対策

2015年5月1日 12:27 | パソコン関連 | | 196 views
タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone紛失対策
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

iPhoneに限らず、携帯電話など普段持ち歩くものは不意のタイミングで置き忘れを起こします。

iPhoneは位置情報を知らせるための「iPhoneを探す」という標準をもっています。この機能を使うためにはiCloudへの登録が必要ですが、iCloudへの自動バックアップなども可能なので、登録されていない方は登録して見てください。

このiPhoneを探すにはバッテリー残量が切れてしまう直前の位置情報を自動的に送信する機能などもあり、使っていなくても1日と少しでバッテリーがなくなってしまうiPhoneの紛失対策には是非利用したい所です。

iPhoneを探すと「最後の位置情報を自動的に送信」の設定方法を書いてみます。

IMG_5969

 

iPhoneからは設定からiCloudを選択します。iCloud内でiPhoneを探すをタップし上記のように両方の機能をONにします。

これでiPhoneを探すを利用した際と、バッテリが切れる直前に位置情報を送信する設定ができます。

スクリーンショット 2015-04-30 14.01.26

 

WebブラウザからiCloudへサインインします。

https://www.icloud.com/

iCloudで登録したAppleID(メールアドレス形式)とパスワードを入力します。

スクリーンショット 2015-04-30 14.02.01

表示されたメニューから右上のiPhoneを探すを選択します。

スクリーンショット 2015-04-30 14.03.00

一つあるいは複数のiOS機器に登録してあるAppleIDにある機器を地図の上に表示させることができます。

サウンド再生は近くにあって場所がわからない場合、紛失モードは紛失物であることを画面に表示させることができます。

重要なデータが入っている場合や、盗難などにあったことが明白な場合はiPhoneの消去を選択しiPhoneの内容をすべて削除してしまうこともできます。

一度iPhoneの消去を選ぶと、バッテリー残量があってもこの方法で探すことはできなくなってしまいます。

位置情報を他者に取得されてしまう恐れを感じる方もいらっしゃると思いますが、iCloudのパスワードなどを厳重に管理しておけば大きなリスクではないように考えますが、個々人のポリシーに従ってご利用ください。

いざという時のために設定しておくと、紛失の場合に取る手立てのあることは助けになるのではないでしょうか。