ブログ

Office2013発売日と価格決定、Office2010について

2013年1月18日 16:02 | パソコン関連 | | 5,613 views
タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Office2013発売日と価格決定、Office2010について
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

office2013

マイクロソフト社は次期オフィススイートであるMicrosoft Office2013の発売日を決定しました。

発売日は2013年2月7日で、価格はPersonalが\29,800、Home&Bussineeが¥34,800、Professionalが\59,800です。

現在Office2010を購入すると、2013への無償アップグレードが可能です。

Office2010はどうなるのか

Accessのリプレースシステム開発

Access2013へのコンバージョン

Microsoft Accessの移行について

いままでも何度かAccessの記事を投稿していますが、Office2013とOffice2010では機能的な差があります。

Office2013によって追加される新機能もあれば、廃止される機能もあるため、Office2010がいつまで入手できるかは気になるポイントです。

日本マイクロソフト社に問い合わせたところOffice2010は当分の間、並行して発売されるとのことです。

終了時期は公式には未定とのことで、過去の例を参照してみます。

(2013/8/23追記、マイクロソフト社に問い合わせたところ、すでに現時点で製造は終了しているとのことです。

 およそ6か月の併売は通例通り、今回にも適用された模様です。

 詳しくは http://www.sys-cube.co.jp/blog/3596.html この記事を参照してください)

Office2010は2010年6月に発売されましたが、Office2007は2010年の年末までには在庫のみ販売となっていたようです。

Office2007は2007年1月に発売されましたが、Office2003は2007年6月末には販売終了となっていたようです。

これらの例によると、およそ半年程度は並行して発売されそうですが、今回がどうなるのか、いまのところ不明です。

通例、企業向けのボリュームライセンスであれば、ダウングレード権は設定されているようですが、パッケージ製品やバンドル版はダウングレード権はないようです。

Office2010で必要な機能がある場合は、早めの購入がお勧めかも知れません。