ブログ

社会人になってから学ぶということ(続)

2019年6月2日 11:54 | 社長ブログ | | 100 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社会人になってから学ぶということ(続)
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは、田中弘です。

社会人になってから学ぶということ
先週の続きを書きます。

先週書いた記事を読み直してみたら、つまり僕は
裕福ではなくあまり学歴の高くない両親の下に生まれ、僕自身も勉強は出来ないが、今はそれなりに頑張っているというような事を書いていました。
ただ、子供の頃から自分自身に対して根拠のない自信はありました。
母からは、自信過剰の自惚れやとも言われていました。

田舎町で生まれ育ちましたが、社会人になって沢山の方に出会い、起業してからは更にそのスピードは加速し、異業界のプロに出会う中で感じる事は、僕は日々仕事を覚えたり知識や知恵を絞ったりしているつもりになって居るが、その道のプロには到底敵わないと感じる方に沢山出会い事が出来ています。
万が一、そのプロに僕が実力的に届いたとしても、それは果てしなく長い年月をかけないと届かないだろうと途方に暮れる気持ちです。
それは年齢を重ねれば重ねるほど感じる事だなと感じています。

反面、プロを名乗って近づいて来て、偉そうに色々と教えてはくれるが、突き詰めていくと、科学的根拠のない持論を自信満々に披露しているだけであって、僕にとって何一つプラスにならないアドバイスをしてくれる方も居ます。
おっと、こんな話は、また違う機会に。。。

今日はちょっと頭が回って居ないので、辻褄が合っているか心配ですが、
うちの会社で面接させて頂く機会がありますので、その中で、高学歴な方は、確かに頭も良いし仕事も出来る傾向が高いように感じます。
更には仕事に対しても真摯である確率も高いように感じます。
ただ、成長を止めてしまって居る方と、好奇心を持って新しいことにどんどん取り組む方では、その後の実力に差が出ているようにも思います。
また、成長の止まっている方(後退している?)ほど傲慢で、成長を求めている方ほど謙虚だとも感じます。
それはうちの会社だけでなく、世の中も、同じような事が言えるのではないかと思ったりしています。

僕の持論も科学的根拠が全くないので、自信過剰の自惚れやの、しょうもない人間の戯言ですが、ただ僕自身は成長を止めることなく新しいことに取り組む人間で永遠にあり続けたいと考えています。

それでは、また会いましょう!
株式会社システムキューブもよろしく!