ブログ

くるんてーぷ・まはーなこーん(いかりゃく)へ その2

2019年3月27日 12:36 | ブログ | | 75 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - くるんてーぷ・まはーなこーん(いかりゃく)へ その2
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

キュー子ちゃん あら、久しぶり。
最近見かけなかったけど、どーしてたの?
キューブくん んー、国外逃亡したり入院したりしてたら思ってた以上に間が空いちゃったね。
へぇ。大変だったのねぇ。
もう大変すぎて前回の内容忘れちゃったよ。

・・・え?・・・は???

注意:この物語はフィクションであるからして、どこからツッコめば良いのやら


色々あって、ブログ当番に参加できていなかった結果、気がつけば前回の投稿が半年近く前に・・・。
あと、筆者別に犯罪者じゃありませんので通報しないでください。お久しぶりです、やのっちです。

真面目な話、今年に入った直後に人生初の入院をすることになり、しばらく休職させて頂いておりましたが、おかげさまで現在復職させていただいております。
その節は、皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけしました。
これからもかけるかもしれませんが、今後とも宜しくお願い致します。

さて、話は戻って前回の続き・・・といきたい所なんですが、流石に半年も前の事を昨日の事のように語るのも難しい。
ということで、病み上がりという事も加味して、今回はサラリと文章少なめ/写真多めでお送りしたいと思います。

※記憶の欠落により、ごく平然と書いている料理内容が間違っている可能性がございます。ご注意ください。

3日目:バンセンビーチのレストラン

バンセンビーチという海岸沿いのレストランに連れて行っていただきました。


ほのかな潮の香りに包まれて 真っ暗で海見えませんでしたけど

上から、かき揚げっぽいもの。お約束の空芯菜炒め。サラダっぽいもの(ソムタム?)。
空芯菜は辛味がなくてマイルドな味付けでした。同じ空芯菜でもお店によって味付けが全然変わってくるのが面白い所。

上はほとんど食べ尽くされたパパイヤサラダとナッツの和え物。
下はエビのすり身のフライです。ぷりぷりとした食感でたいへん美味しゅうございました。

焼きムール貝。初めて食べましたが、焼き牡蠣っぽい。

きのことにんにくと野菜を煮込んだスープ。
味はあっさりでしたが、全長40cmの器のインパクトが強烈でした。

薬味として付いてきた辛子です。
見た目に反して赤より緑のほうが辛く、赤は喉がヒリヒリする程度で済んだものの、緑は舌がマヒするレベル

この状態で熱々のスープを口にすると地獄が見えました。

激辛薬味の口直しに、飲み物で「Thai Tea(タイ茶)」とあったので頼んでみたらコレが出てきました。
お茶というよりジュース。
甘さはコンビニのココナッツミルク(前回のブログに記載)が圧勝してましたが。


比較対象にタバコは基本

最後にデザートを一つ頼もうかと。お腹もいっぱいになっていたので写真で小洒落た感じのものを注文したらコレが来ました。
直径40cmはあろうかという大皿に、高さ5cm以上の食パン。どろっどろのチョコレートがけ。隣には超カラフルにトッピングされたバニラアイスと生クリーム。
さらに輪切りのバナナにチョコレート。

・・・重すぎ

4日目(最終日):居酒屋よしのやま

まだ帰国してません。タイです

「居酒屋よしのやま」とありますが重ねて言います。タイです

バンコクは日本人も多いため、こういう和風メインの料理屋さんも結構多いそうです。
どんな料理があるかと言いますと・・・。

おなじみ空芯菜炒めとチャーハン。

アジのフライ。

タイで最後の食事が和食だけというのも如何なものか、ということでカニカレーを注文した所、カニが品切れの為エビカレーに。
ライスはありません。カレーというよりは卵あんかけ料理でしたね。

帰国後

一度本社に立ち寄って、誰かいればお土産を渡しておこうと思った所、土曜日だというのにお仕事されていた方がいらっしゃったので、お土産を渡して少し雑談。
ブログでタイのネタを書こうという話をした所「せっかくなので土産物を揃えて写真を撮っておけば?」と提案されてパシャリ。

やっとご紹介できました。

一番上にある4つのソフトキャンディー(パッションフルーツ味、マンゴスチン味、ココナッツ味、マンゴー味)が会社へのお土産。
その他は家族その他へのお土産となりました。

周囲の評価は低かったものの、意外に美味しかったのが種無しタマリンド。干し柿のような味ですが健康に良いそうです。

機会があればぜひ!

 

では、また。