ブログ

iMac Late 2012 (Fusion Drive) ベンチマーク

2012年12月10日 15:48 | パソコン関連 | | 2,154 views
タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iMac Late 2012 (Fusion Drive) ベンチマーク
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

DSC03745

iMac Late 2012モデルのベンチマークテストで処理速度などを計測してみました。

GeekBenchの結果

使用するのはGeekBenchというアプリです。

比較対象はiMac Mid 2011モデル。一世代前のiMacです。

iMac 2012のCPUはCore i5 3470S 2.90GHz 4Cores。メモリは1600MHzDDR3の16GBメモリです。

比較対象のiMac 2011のCPUはCore i5 2500S 2.7GHz 4Cores。メモリは1333MHzDDR3 12GBメモリです。

CPU的には一世代、第2世代Core i5と第3世代Core i5での比較となります。

Late2012 Mid2011
Geekbench Score 10285 8842
Integer 8861 7715
Floating Point 14025 11716
Memory 7203 6314
Stream 8347 7785

トータルのスコアでかなり差がつきます。

個別にみていくと浮動小数点(Floating Point)の計算能力が大幅に向上しているようです。3割近い向上です。

これがトータルスコアに大きな向上をもたらしているようです。

その他は順当な伸びといったところでしょうか。

筆者が普段自宅で使っている2009年モデルのMacBook Pro13インチ(Core2Duoモデル)ではトータルスコアが3314です。

モバイルでもあり、あまり参考にならない数値ですが、3年違うとここまで差が出るのかと思い知らされます

HDDのベンチマーク

Blackmagic Disk Speed Testを実行した結果です。

Fusionドライブとはいえ、ちょっとスピードが出過ぎているようで、正確な読み書きテストができているのか定かではありませんが、参考までにスクリーンショットを掲載しておきます。

DiskSpeedTest

ちょっとベンチマークソフトとしては古いXBenchのディスクテストの結果が以下です。

やはりSSDらしいスピードが出ています。今後SSDの容量を一通り使い切った後で、どのように変化するのか、興味のあるところです。

Results 446.67
System Info
Xbench Version 1.3
System Version 10.8.2 (12C2034)
Physical RAM 16384 MB
Model iMac13,1
Drive Type Macintosh HD

Disk Test 446.67
Sequential 289.81
Uncached Write[4K blocks] 598.93 367.73 MB/sec
Uncached Write [256K blocks] 499.02 282.34 MB/sec
Uncached Read [4K blocks] 117.96 34.52 MB/sec
Uncached Read [256K blocks] 605.54 304.34 MB/sec
Random 973.71
Uncached Write [4K blocks] 762.98 80.77 MB/sec
Uncached Write [256K blocks] 756.89 242.31 MB/sec
Uncached Read [4K blocks] 2165.83 15.35 MB/sec
Uncached Read [256K blocks] 985.79 182.92 MB/sec

ベンチマークテストについて

ベンチマークテストはその実行時のコンディションなどにもより、必ずしも正しい数値というわけではありません。

一応の目安といったところで、この数値が倍違うからといって、体感速度が倍向上するということではありません。

しかしながらFusionDriveの効果もあり、かなり体感的に速度の向上は感じられるところです。

起動時に撮影した動画を最後に添付します。