ブログ

GitHubが無償ユーザーにプライベートリポジトリ提供

2019年1月13日 10:28 | パソコン関連 | | 75 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GitHubが無償ユーザーにプライベートリポジトリ提供
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

オンライン型のバージョン管理システム最大手のGitHubは、小規模・個人向けの無償サービスでもプライベートリポジトリを利用が可能となりました。

小規模・個人のユーザーもリポジトリを公開せずにGitHubを利用することが可能となります。

GitHubはそれまで無償ユーザーにはパブリックリポジトリの作成のみを認めており、無償でGitHubを利用する場合全てのコードやプロジェクトを公開した状態でのみ利用できました。

これはオープンソースプロジェクトや個人の作業用などには無償で使えるサービスでありましたが、商用でコードを公開したくないものなどでは無償では利用できない形となっておりました。

プライベートリポジトリは有償ユーザーに提供されているのみでしたが、今回のサービス内容変更で共同作業者が三人までの小規模なプライベートリポジトリを無償ユーザーでも無制限に作成可能となりました。

プライベートリポジトリで多数人での参加が必要となる場合は、月額7$の有償プランが今後も必要となります。

GitHubがマイクロソフト社によって2018年に買収されて以降で最初の大きなサービス変更で、個人利用者にとってもよりGitHubが使いやすくなる変更でしょう。