ブログ

シングルス戦は修行の場(テニスpart2)

2018年7月5日 21:26 | ブログ | | 97 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - シングルス戦は修行の場(テニスpart2)
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

ちわっす、にっしーです。

 

前回のブログから一週間、ネタを仕込めてないので、またテニスネタでいっちゃいます。

 

先日7/1、よくお世話になっているテニススクールの男子シングルスがあったので、その報告です。

 

前回のブログは長くなってしまったので、今回は短めに。

 

そのスクールの試合は、16人が出場して優勝する人も、一回戦で負ける人も全員4試合させてくれるのでシングルスを満喫できます。
ただし、一回戦、二回戦で負けてしまうとコンソレーションに入ってしまいます。
コンソレーションとは負け組同士で試合を行うことです。良い機会なのでググッてみます。「慰め」ガーンそんな意味だったの?
まぁ普通は負けたら即終了なので、慰めで試合させていただいているということですか。

 

早速、一回戦。
ムムッ、見たことないヤツ
しかも若い、学生、高校生?いや中学生?
クーラーボックスをキャリアに乗せてコートまで乗り込んでくるとは
本格的やなジュニアあがりか?

 

まずはトス、サーブ権を決めます。
クルクルっ、おれの勝ち
いつもは一回戦様子見でレシーブを取りますが、
こやつ出来そうやからサーブさせたらアカン
と思い、サーブを取りました。
試合開始前にサーブ練習を4球ずつ行います。

 

相手のサーブ練習。
綺麗なフォーム、力の抜けたスウィング。
強烈なサーブがセンターに。

 

は、速い!
これはサービスキープしか勝機はないな。

 

試合開始。
「おねがいしまーす。」
俺のサーブ
なんとかキープ、先ずは作戦成功
1-0

 

相手のサーブ
ダブルフォールト多い、よしブレイク
2-0

 

その後互いにキープ
4-1

 

「こやつフォアハンド強烈」
「エース連発やんけ〜」
4-4

 

しかしバックのリターン弱し。
「狙え、狙え」
5-4

 

ここで追いつかれたら負けると思いきや
相手はまだ子供、メンタル弱し
6-4
やったーWIN!!!

 

「あーしんど」
一回戦から子供相手に本気になってもた
「次は負けるな」

 

二回戦
んーまたもや初顔
ひょろっとしてるしパワーなさそう
「いけるんちゃう?」

 

あれれ、こやつどこからでも返してくるぞ
しかもミスしない
0-3

 

「や、ヤバい」
こやつの球、スピンかかりすぎ、ナダルか‼︎!
1-5

「アカン、弱点が見つからん」
1-6

 

負けた…
完敗、その後、彼が優勝しましたとさ。

 

三回戦
「くそ〜、コンソレになったぁぁぁ、次誰やねん」
誰かが俺に
「次◯◯さんやな〜フフッ」
俺も何気に
「そうなんやー」
といったものの。
ん、◯◯さん?
うーなんというドロー、アカンまた負けや

 

過去一勝五敗?分からんくらい負け越してる
しかも相手はDoctor、経済力でも負けてるし…
TシャツにはLEGENDの文字。う~なんという自信

 

男には負けると分かっていても戦わねばならない時もある
負けるなオレ

 

相手のサーブ権。
アカン、いつもの負けパターンや
「あれ?ブレークしたぞ」
3-0

 

「いける、いけるぞ」と思いきや
3-3

 

「あれ?力入り過ぎ?」
確かあの人はフォアハンドが苦手
「よし、守りに入ったな」
5-3

 

「気を抜くなよ」
「勝ったらバンザイしたろ」
ウィニングショット‼︎

 

「あれっ入った?アウト?」
「おっ、入ったか」
勝利、ヤッター
タイミング外したんでバンザイできず
二回戦コンソレの中での勝利なんで順位には関係ないけど、満足、満足。

 

四回戦
どういうわけか、屋外のアウトコートになりました。
外コートはハードコートなので、好きですが、風や照明の具合になれていないので、今日は嫌な感じです。

そんなことを考えているうちに
2-6

 

負けてしまいました。
もう気力、体力が切れてしまいました。
やはり夏場にシングルスはキツイ
秋まで試合はやめとこう

 

でもやっぱりシングルス、サイコー‼︎!

テニスに出会えたことに感謝すると共に
いつまで出来るだろうかと思うと少し不安になります。

 

そんなこと考えるより、練習、練習
あれ?また長くなってしまいました。すいません。

 

では、また