ブログ

AdobeがFlashを2020年に提供終了

2017年7月30日 07:00 | パソコン関連 | | 245 views
タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AdobeがFlashを2020年に提供終了
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

ごく初期からWEBサイトなどで利用されてきたAdobe Flashが2020年に提供を終了し廃止するとAdobe社が発表しました。

Flashはプラグインだけで動的なコンテンツを提供できる仕組みとして最も普及したものです。

競合としてActive XプラグインやSilverlightなどがありましたが、どちらもWEBサイトでの動的コンテンツの提供でシェアをFlashから奪うことができませんでした。

Flashは動的コンテンツとしてアニメーションや動画や通信などスクリプト言語によりかなり広い範囲での機能を提供できていました。

それとともにHTMLをバージョンアップしてFlash相当のことができる標準規格HTML5が策定され、FlashとHTML5がシェアを争うことになります。

Flashが劣勢に立ったのはスマートフォンが軒並みFlashに未対応となったことです。

ブラウザがHTML5を仕様通りに実装すれば、動的コンテンツはモダンなブラウザでプラグインなしで動作させることができ、スマートフォン、タブレット、パソコンあらゆる機器で表示できます。

Flash自体はWindowsでもMacでもLinuxでもプラグイン対応のブラウザがあれば動作するマルチプラットフォームを提供するものでした。

HTML5がFlashのカバー範囲を超え、またスマートフォンでのサイト閲覧数が今後も増えるとなるとFlashの立ち位置は厳しくなります。

FlashのスクリプトからHTML5に変換するアプリケーションをAdobeが提供していたこともあり、Flashは今後縮小されると見通しがついていましたが、廃止される日時が設定されることになります。

今後FlashコンテンツをHTML5の動的コンテンツに取り換えるなどの作業が急がれます。