ブログ

たまにはロマンティックな話でも・・・・・・・※個人の主観によります

2017年1月27日 08:20 | ブログ | | 150 views

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - たまにはロマンティックな話でも・・・・・・・※個人の主観によります
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

どうも、こんにちは。

もりです。

 

 

火曜日に降り積もった雪がいまだ庭に残っております。

これは、雪だるまを作れということなのでしょうか・・・・・・

 

 

さてさて、話は変わります。

 

とあるテレビ番組でとある埋蔵金の発掘現場を見ました。

最終的に、埋蔵金は発掘されなかったのですが、

私、ふと疑問に思いました。

 

え? 何が疑問なのかって?

それはもちろん・・・・・

 

 

 

埋蔵金を掘り当てたら誰のものになるの?

 

ということです。

 

ええ、とても、とても気になりました。

そこで、軽く調べてみたのですが、調べてびっくり!!

 

埋蔵金って遺失物、いわゆる落とし物と同じ扱いになるんだそうです。

 

つまり、

万が一、宝くじに高額当選するような確率で、運良く埋蔵金を発掘した場合、基本的には、

①お巡りさんに届ける

②6ヶ月間、落とし主が現れるのを待つ

③落とし主が現れた場合→お礼の1割が貰えるかもしれない(正確には報労金5~20%)

落とし主が現れなかった場合→埋蔵金を発掘した土地の所有者と半分こする

という流れになります。

 

 

いやいや、埋蔵金なんだから、落とし主いないし!!

 

と思った方、甘いです!

(当然、私も思いましたとも・・・・・・)

 

埋蔵金の場合の落とし主とは埋めた人、もしくは、埋めた人の相続人が含まれています。

もし、発掘した埋蔵金を埋蔵した人の子孫が、

「それ埋めたの、私の先祖です」

と名乗り出て、証明された場合、埋蔵金の所有者となります。

 

 

ただし、ここで問題になってくるのが、文化財保護法という法律です。

発掘した埋蔵金に文化的価値があった場合、この文化財保護法によって守られ、

①お巡りさんに届ける

②お巡りさんから教育委員会に鑑定の依頼をする

③6ヶ月間、落とし主が現れるのを待つ

④落とし主が現れた場合→落とし主に返した上で、埋蔵文化財に指定する

落とし主が現れなかった場合→埋蔵金は国(都道府県)のものとなり、

報償金が支払われ、埋蔵金を発掘した土地の所有者と発掘した人で半分こする

となります。

 

でも、④に関しては貰えるものは、報償金ではなく、埋蔵金の所有権のこともあるそうです。

そうなったら、さあ大変、

文化的な価値を維持しないといけないし、勝手に売っちゃだめだし・・・・・・

 

できれば、報償金が欲しいところです。

 

 

 

やっぱり、埋蔵金とか遺跡発掘とか、ロマンがあっていいですよね。

ミイラとか岩とかには追いかけられたくありませんが。