ブログ

Surface with Windows RT発表

2012年10月18日 12:22 | パソコン関連 | | 341 views
タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Surface with Windows RT発表
reddit にシェア
Pocket
LINEで送る

en-US_L_SurfaceNoCover_Win_RT

Microsoft社が次期Windowsタブレット端末Surfaceを正式に発表し、予約受付を開始しました。

現在日本からは予約できない状態ですが、これからのMicrosoftにとって重要な一手であるWindowsRTタブレット、

いったいどのようなものでしょうか。

WindowsRTってなに?

WindowsRTとは次期WindowsであるWindows8のARMプロセッサで動作するバージョンです。

従来までのWindowsはIntelのプロセッサ(PentiumやCore2Duo、Core i7など)で動作するものでしたが、ARMコアはIntelとは別の流れで進化してきたプロセッサであり、省電力と高パフォーマンスで、スマートフォンや、タブレット端末に広く利用されています。

ARMコアで動作するWindowsRT上では、従来のIntel版Windowsで動作していたアプリケーションは動作しません。

それまでのWindowsで動くソフトは、このSurfaceに持ち込んで動かすことはできません。

では、このSurfaceは何に使えばいいのでしょうか。

WindowsRT世代のアプリケーション

Surfaceには次期Officeのベータ版がプリインストールされているとされています。

これは正式版Officeリリースにアップデートされる予定です。

やはりWindowsを選ぶ理由の大きな一つとしてMS-Officeが動作するか、という点にかかっていすので、この点についてはクリアです。

その他のアプリケーションはWindowsStoreというオンラインストアからダウンロード購入することになります。

AppleのAppStoreやGoogleのGooglePlayなどの前例にならう形になります。

Surfaceのメリット

Windows8は現行のWindows7動作PCでアップデートすることも可能ですが、やはりその一番のメリットであるタッチインターフェイスに対応してない機種が多いはずです。

もちろんWindows8はマウスとキーボードで操作できますが、ModernUIスタイルという、カラフルなパネルを並べたようなユーザーインターフェイスはタッチパネルを使ってこそ、ユーザー体験を向上させます。

Surfaceはそもそもタブレット端末として、タッチスクリーンは対応しています。Windows8で提供される、新しいユーザー体験を手に入れる最も安価で手近な手段になりそうです。

ModernUIという試み

windows8

そのカラフルなパネルが並んだおもちゃのような、それまでのWindowsのお堅いイメージを覆す、このModernUIですが、賛否両論あります。

これは見た目上のインパクトや、小さいアイコンをタッチする難しさから、タッチ領域を拡張する、というためだけの意味ではありません。

これはアプリケーションの起動アイコンを兼ねるとともに、アプリケーションからのNotification(通知)を併せ持つ、一体化されたデスクトップです。

普段使用するSNSアプリや、天気予報、株価などをデスクトップに集めておけば、それぞれが通知してくる内容を元に、パネルをタッチして、アプリケーションで操作し、再びデスクトップに戻って別のアプリの通知を得て、再びアプリへ移行する。

こういったユーザーの動線を把握したうえでのユーザーインターフェイスであり、Windows95以来のデスクトップとスタートボタンというセオリーを覆すMicrosoftの試みです。

あまりに従来のスタイルを覆しているために、否定的な意見を耳にすることも多いですが、Microsoftの意図するところを掴めば、この使用スタイルにマッチする人も多いのではないかと思います。

タブレット生存競争の世界へ

パソコンの次に来るものとして、タブレットの存在が挙げられています。

iPad、Andoridタブレット、そしてWindowsRTタブレット。

これらはパソコンの代役としては、幾分か力不足ではあります。

しかしながら、パソコンの使用の敷居の高い層にとって訴求力のある情報機器です。

パソコンでメールを送るよりも、携帯やスマートフォンから送信するほうが使いやすい、というユーザーのすそ野はかなり広く、パソコンをこれから新規に購入しようとするユーザーよりも広く存在しています。

またパソコンよりも専有面積も狭く、本棚に立てかけたり、引き出しにしまう、カバンに入れて持ち運ぶなど、タブレットは可能性が広く、よりライフスタイルの中に密接にコンピュータの力を取り入れていくことができます。

これから億台単位での普及が見込まれるタブレットの市場はようやく幕を開けたばかりです。

いろいろな選択肢の中の一つとしてSurfaceはもちろん有望な存在です。

日本国内での発売も待ち望まれるところです。