システム開発の流れ

1、お問い合せ・ご相談
最初に、お客様のご要件やご希望をお伺いします。 “こんなシステムがほしいが実現可能か?”、“現状こういった課題があるが、システム化することで解決できないか?”といったご相談に対し、弊社システムエンジニアが過去の経験などをもとに実現可能かどうか、どれくらいの金額がかかるかどうか、もっと簡単に出来ないか等をお客様と一緒になって考させて頂きます。
2、ヒアリング・調査・分析
お問い合せ・ご相談で伺ったご要望にもとづいて、システム構築に必要な情報を収集・整理します。お客様の現在の業務の流れを、業務に係わる様々なご担当者さまからヒアリングさせて頂き、運用も含めたシステム全体のイメージをまとめます。
3、ご提案書・構築費用のご提
ヒアリング・調査・分析の結果をもとに、ご提案書と構築にかかる概算費用・スケジュールをご提示します。必要とあれば、簡単な紙芝居(データ等は登録できないが画面イメージを確認できる)を作成し、システムの大まかな動きや画面イメージをご提示します。
4、正式お見積もりのご提示
構築範囲、スケジュール等をご確認して頂き、正式なお見積もりを提出させて頂きます。
5、発注及び受注
金額、スケジュール、構築範囲を念密打ち合わせ、支払い方法等も決め正式な発注を頂きます。
6、要件定義
お客様の業務をヒアリングさせて頂き、業務改善できるシステム開発をご提案させていただきます。システムに求められる要件についてまとめ、具体的には「要件定義書」を作成させて頂きます。
7、基本設計
要件定義をもとに、システムの基本設計を行います。基本設計では機能の一覧及び画面設計,帳票設計等を行います。この段階では、紙芝居(データ等は登録できないが画面イメージを確認できる)などをもとに、システムの具体的なイメージを詰めて行きます。
8、詳細設計
前フェーズで作成した基本設計書をもとに、システムの内部設計を行います。
9、開発
作成した各設計書をもとに、経過のご報告・お客様とのレビューなどを行い、開発を進めていきます。開発中にご要望や仕様の追加が発生した場合は、出来る限りお客様のご要望にお応えできるよう、ご相談させて頂きます。今後の機能追加を想定し、汎用性のある開発を心がけます。
10、テスト
開発したシステムのテストを行います。正しく機能するかを確認するテストに始まり、システム処理性能に関するテスト、運用や使い易さに関するテストなど、様々な観点でお客様の立場に立ったテストを行います。
11、システム導入
開発したシステムをお客様の環境に導入します。旧システムがあった場合は、データの移行を行います。また、システムを運用するのに必要な様々な情報(従業員の情報、商品の情報・・・)を登録するなど、システムを運用するための準備を行います。
12、お客様のご確認
導入したシステムについてお客様に最終的なご確認をしていただきます。
13、ご納品
開発したシステム及び、設計書やマニュアルなどシステムの運用に必要な資料をお納めいたします。
14、運用
バックアップやシステムの稼動確認など定期的な運用、またトラブル発生時のサポートなどお客様の日々の運用をご支援いたします。
保守、公開後のメンテナンス
ビジネスの要件が日々変化するのに合わせて、システムも対応して行く必要があります。システム導入後の変更・機能追加についても、都度対応させて頂きます。

ページトップに戻る