生産管理システム

製造業の命綱、生産管理システム

製造業の基本は、取引先の要求する品質・納期・費用を守り、製品を素早く、確実に納品するところにあります。
これらを実現するための活動を生産活動と呼び、それを管理するシステムが生産管理システムです。
製造業の場合、扱い製品によって管理すべき項目は多岐にわたりますが、最も重視されるのが生産計画です。
過去の注文実績、製品や原材料の在庫データ等から、無駄なくスピーディーな製造が行える計画を立てる必要があります。
また、生産計画に基づき、部品や原材料の調達計画を立てることも必要です。

多くの製造業の抱える問題のひとつに、売りたいときには製品がなく、売れないときは在庫過多になることが挙げられます。
不必要な在庫は保管費用にも影響し、製品や原材料を廃棄することになれば多大な損失が発生します。
一方、生産管理システムの導入により、最小の在庫からお客さまの満足を最大限に引き出すことができれば、確実な利益の確保につながることは言うまでもありません。

生産管理工程の可視化による「ムリ・ムラ・ムダ」の改善や、詳細な原価の把握による経営方針決定のスピード化、そして最も重要な製品の品質向上においても、優れた生産管理システムの導入は企業の命運を左右するものといっても過言ではありません。

生産管理システム フロー

食品業界における生産管理システム

食品業界における生産管理システムでは、一般的な生産管理システムに加え品質管理が重要になってきます。
特に消費期限の短い食品を扱う企業の場合、効率的な生産・販売計画が立てられなければ、在庫ロスや販売機会の喪失など、直接的な損失につながる可能性が一般の製造業に比べても高くなることは明白です。
さらに、消費者ニーズがますます多様化する中、低価格かつライフサイクルの短い商品で利益を上げるには、調達から生産、販売までの業務を統合し、製販一体となった生産計画の策定が不可欠です。

食品製造企業では、近年、トレーサビリティへの対策も求められつつあります。
「誰が、どうやって、いくらで、何を使って」製造したかを詳細に記録し、問題発生時の生産状況の把握、問題が起こった製品に使われていた原材料やロットの特定など、いわゆるトレーサビリティ情報が一元管理できていれば、企業のリスクマネジメントにも多大に貢献することができます。

システムキューブでは、一般的な生産管理システムについての豊富な経験をもとに、品質管理・トレーサビリティを加味し、多様化する顧客ニーズへの対応、品質の向上、費用削減、食の安心・安全の確保など、課題解決に向けた取り組みを強力にバックアップさせていただきます。
お客さまの要望を詳細にヒアリングすることで、例えば、受注管理や在庫管理、生産工程管理などの基本的な生産管理システムに、必要な機能や手順を加味したオリジナルの生産管理システムを格安にて構築することも可能です。
新規のシステム開発に比べ、費用を大幅に削減できる部門単位での導入や外部システムとの連携、段階的な導入についても柔軟に対応いたしますので、まずはぜひお気軽にお問い合わせください。

システムのことなど何でもお気軽にこちらからご相談ください 073-499-4803 info@sys-cube.co.jp

ページトップに戻る