販売管理システム

販売管理システムとは?

企業等で使われているコンピューターシステムのひとつ。
身近なものとしては、流通・小売業で利用されているPOSシステムがあります。
販売管理システムを導入し、受注・発注・入荷・出荷・売上・入金等のデータを一元管理することにより、日々の煩雑な業務を大幅に効率化することが可能になります。

販売管理システム導入のメリットのひとつに、異なる業務を担当する部署同士の情報の連携がスムーズになることが挙げられます。
例えば、顧客からの受注情報を営業部と経理部で共有すれば、文書や口頭での連絡を最小限に抑えることができ、帳票の作成や出入金の管理、過去の注文履歴の確認など、あらゆる作業の連絡漏れや伝達ミスを防ぐことができます。
個々のやりとりに伴って生じていた作業時間やコストの削減にもつながることでしょう。

また、顧客の注文履歴や、値引き等の価格変更情報を共有することで、「○○の在庫がそろそろ足りなくなる頃ではありませんか?」「以前ご注文いただいた製品のバージョンアップ版が発売されました」など、営業担当者から顧客へのきめ細かいサービスやアプローチにつなげることも可能です。
もちろん、お得意先さまからの「こないだと同じ商品を同じだけ欲しい」といった注文も、前回の受注情報を表示できるようにしておけば、担当者不在時にもスピーディーな対応が可能となります。

このように、販売管理システムの導入は業務効率の大幅な向上につながるだけでなく、顧客満足度の向上、さらには、業務効率アップによる経営の意思決定のスピード化など、企業の根幹となる仕組みの構築において、多大なメリットをもたらすものであるといえます。

販売管理システム フロー

販売管理システム開発会社を選ぶポイント

販売管理システムを自社に導入する際、「何をしていいのかわからない」「どのような機能があれば便利なのだろう」「費用が一体いくらかかるのか、相場がわからない」と悩むシステム担当部署の方は多いことでしょう。

適切な販売管理システムを導入するには、まず、自社の抱える問題点や販売管理システムをどうやって活用するかを検討し、必要な項目を洗い出す必要があります。
そして、システム開発会社を選定する際は、費用面だけで比較するのではなく、きめ細かなヒアリングやカウンセリングによって、これらの項目を一緒になって考えてくれるような姿勢を持った会社を選ぶことです。

自社の目的に見合った機能を洗い出していくことで、既存のシステムとの連携や、パッケージ化された格安のシステム導入の可能性が見えてきます。
開発費用面や操作するスタッフの負担を考慮した場合、まるごと新しいシステムを導入するよりも、上手に既存の仕組みを活用してくれるシステム開発会社を選んだほうが、少ない費用で最大の効果をあげられることは言うまでもありません。

システムキューブでは、ご担当者さまへのきめ細かなヒアリング・カウンセリングを実施し、希望される費用・納期を基に、個別開発・パッケージ使用・現行システム改造等の選択肢から、格安かつ最も適切な販売管理システムをご提案させて頂きます。
業務形態に合わせた機能の追加や、現在使用しているシステムの構成、画面、操作方法に合わせたカスタマイズにも対応できますので、まずはぜひ一度、御社の抱える問題点についてご相談ください。
どのようなご相談にも丁寧にお応えさせていただくことをお約束いたします。

ページトップに戻る