kintone開発

kintoneとは


kintoneは導入から稼働までのサイクルが短く、社内システムやワークフローをクラウド化して、スマートフォンなどのモバイルからでもアクセスが可能な形に再構築することができます。利用者側で簡単に素早く業務内容をアプリの形にし、社内で共有するスピード感はkintoneならでは。EXCELシートなどからのデータのインポートにも対応しており、現在のEXCELファイルの共有の形から、次世代のプラットフォームに移行しませんか。

kintone利用をお勧めするポイント

プラットフォームとしての優秀さ

kintoneはクラウドのプラットフォームとして、データ入力、集計、出力、ワークフロー、とそれに伴うファイルやメッセージのやり取りを、主要な機能として持っています。日常的にパソコンを用いる業務にはプログラミングなしですぐに導入することができます。またすぐに作ってすぐに使うことはもちろん、業務の途中で不足なところや、補うところがあれば変更もすぐに加えることができます。

ワークフロー

ワークフローは役職、部署などから、複数段階での承認プロセスを直感的に作り上げることができます。見積書、注文書、社内の申請書など、金額や内容に応じて承認プロセスを変更することも画面上での設定だけで可能です。

安全性

データの接続、保存はもちろん十分なセキュリティーが配慮されています。もし天災などがあった場合もデータは失われることは無いよう、複数拠点のバックアップが用意されています。

kintone開発とは

kintoneは現場レベルでの業務の改善に大きな力を発揮し、プログラミング知識のない方でも簡単にアプリを作ることができるのが大きなメリットです。kintoneにはAPIという開発者向けの機能が用意されており、これを用いることでさらにkintoneの機能を拡張し、より業務内容に特化し、外部システムなどとの連携をスムーズに進めることができます。もう少し使いやすくして効率アップを図りたい、新たな機能を追加してより業務にフィットさせたいなど、様々なご要望にお応えします。

kintone開発の事例

基幹システムとの連携

現在使用中の基幹システムのデータ入力、閲覧、さらにはデータの可視化をkintoneで行うことで、データの活用を促進することができます。また、ワークフローの機能をkintoneに持たせるなど、基幹システムで実現できないことをサポートします。

WEBサーバーとの連携

他のWebサーバー上のWebシステムからkintoneのデータを更新することが可能になります。ネットショッピングサイトとの連携した顧客管理、在庫管理など様々な用途に利用可能です。

kintone開発の進め方

1.見積り

お客様から課題をヒアリングし、kintoneでかいけつすべき要件をまとめます。アプリ数、複数アプリの連携、kintone外との連携など、プログラム開発本数を見極め、工数を見積もりま。

2.開発

kintoneで開発する上で、お客様に直接開発中のものを見ていただきながら、ご要望などを都度お伝えいただくことで、よりご要望にマッチした開発を行っていきます。クラウドプラットフォーム上での開発のメリットとして、開発のスピード感を感じていただくことができるはずです。

3.操作説明

kintoneのメリットの一つは教育コストの少なさ。直感的に使いやすく、必要最低限の操作を覚えるだけでそれぞれのアプリを活用することができます。この画面ではどう操作すればいいのかわからなくなる、そんな心配の必要はなくなります。

4.運用保守

実際システムを使う上で運用・保守は重要なポイントです。クラウドはオンプレミスの環境よりも可用性が高く、ハードウェア障害の心配をする必要はありません。追加機能のご要望や、社内でアプリを追加される場合などのアドバイスなど、様々な運用の支援を行います。また別途保守をご提案させていただき、必要な場合は継続的なサポートを提供いたします。

システムキューブを選ぶメリット

システムキューブでは全社をあげてkintone導入企業様のサポートに力を尽くします。社内でも勉強会を開き、kintone開発者の技術習得に力を注いでいます。現在社内のエンジニア全員にサイボウズ認定の開発者資格取得を進めており、現在まで行ってきた受託開発、パッケージ開発、WEB開発の知識それぞれをkintone開発に生かすことができるようになりました。
様々なご要望に迅速にお応えする体制が整っています。

ページトップに戻る