ブログ

Googleが個人向けAI活用を強化

2018年5月13日 10:00 | パソコン関連 | | 44 views
タグ: , ,


Google I/Oというイベントが毎年開催されています。2018年の発表でも様々な新技術が発表されました。

Googleアシスタントの強化、スマートフォンのカメラで撮影したものが何かを判断するGoogle Lensの強化など個人向けのAI活用製品が多く発表されました。

今回のイベントで発表されたGoogleアシスタントからの店舗予約は、ユーザーがGoogleアシスタントに予約するように伝えると、Googleアシスタントが店舗に電話をかけ店舗側の担当者と会話し交渉する様が発表されています。

この形であれば店舗側で受け入れるシステムがなくともやり取りをし、予約を行うことができます

現実的にこれが使われ始めるかどうかは今の所未知数ではありますが、人間と音声アシスタントのやり取りを一歩前進させたものになっています。

またGoogleは極めて初期から画像データに対するタグ付けを行い、画像判別の学習を長く続けて来ました。

また個人がどのように画像を検索するか、どのようなキーワードで検索するかなど非常にたくさんのユーザーのデータを持っていることが他の企業との大きなアドバンテージになります。

Google LensやGoogle Photosのなかでこれらの画像解析が利用され、人間が目で見る以上の情報を新たに加えてユーザーに認識させることができます。

一般ユーザー向けのAI活用の先駆者としてGoogleが立ち上がって来て居ます。