ブログ

乗り越えた時に聞きたい曲

2018年3月6日 09:01 | ブログ | | 90 views


アンパンマンのマーチで号泣したことのあるごろーです。

 

私、去年まで個人事業主だったので、

3月15日までに確定申告を終わらせなきゃいけなくて、

けっこう今、追い込まれています。

しんどい時にどうやったら頑張れるか、小6の長女に聞くと、

「プライド革命!あの曲をかけてくれたら、しんどくっても頑張れる!死んでても生き返るわ!」

と返ってきました。

うーむ、私は昔人間なので昔の曲

――「負けないで」by ZARD とか、「Fight」by 中島みゆき(途中の歌詞怖いですが)

とかが思い浮かびます。

修羅場に切羽詰まってくると、碇シンジ君が耳元で

「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」

と繰り返します。

ただ、このところ「しんどいのを乗り越えた時に聞きたい曲」ができました。

古い曲なんですけれども、Queenの「We Are The Champions」。

・・・ご存知です?

私の中では「超有名」なんですが、洋楽を聞かない方、若い方の中には知らない、という方もいるんでしょうね。

私は学生時代にこの曲を知って、当時はサビの

We are the champions
俺たちはチャンピオンだ

No time for losers
敗者に用は無い

という部分が耳に残り、

あまり好きではありませんでした。

敗者を罵っているような気がして、「負けたって、頑張ったならいいじゃないか!」と思ったんですね。

ところが、苦しい、逃げたいというような仕事を経験して、やっとのことで切り抜けた時。

この曲を聴いて、以下のように聞こえたんです。

(訳の部分は「私の耳にはもう、こうとしか聞こえない」という、SE・PG編の超・意訳です)
———————————————-
I’ve paid my dues
振られた分の仕事はしたよ

Time after time
何度も仕様変更につきあった。

I’ve done my sentence
罰を受けたよ

But committed no crime
犯罪を犯したわけでもないのに。

And bad mistakes
大きなコーディングミスならしたね

I’ve made a few
設計ミスもいくつか。

I’ve had my share of sand kicked to my face
そんな時はサンドバッグみたいな目にあったよ。

But I’ve come through
でも何とか切り抜けて、今ここにたどり着いた!

And I need to go on,and on, and on, and on
必要なのは、ただひたすら前へ前へと進むことだけなんだ

We are the champions,my friends
仲間たちよ、私たちは勝ったんだ!

And we’ll keep on fighting till the end
そしてこれからもずっと戦い続ける

We are the champions
私たちは勝者だ

We are the champions
わたしたちはチャンピオンなんだ

No time for losers
「もうヤダ」とか「逃げたい」とかいう自分の中の負け犬なんて用無し

Cause we are the champions of the world
だって私たちはこの世界の勝者なんだから。

———————————————-

どうですか?

しんどい仕事を乗り切った時、ヘビロテで聞きたくなる曲です。

そしてノリノリで調子にのってサビを一緒に歌っていると、

we’ll keep on fighting

のところで

戦いは続く→次の案件あるよ~

ってことでちゃんと現実に戻してくれるという、優れモノです。

オススメです。