ブログ

Access 2007の延長サポートは10月10日まで

2017年10月8日 10:00 | パソコン関連 | | 79 views
タグ: , , ,


Microsoft Office 2007の延長サポートは2017年10月10日で終了します。

その後セキュリティなどで問題があったとしてもアップデートされることがない状態になります。

Office 2007は前のバージョン2003から大きく変更があったバージョンです。

エクセルファイルのxls形式がxlsxになったり、アクセスのデータベースファイルがmdb形式からaccdbに変更になり、2007で新規やコンバートしてこれらの形式を使うことが推奨されました。

2003まではMicrosoftで規定されたバイナリ形式のファイルから、2007以降のファイルはXML準拠のOffice XML形式に変更され、データ構造が入り組んでおらず他のアプリケーションからの連携が簡単になりました。

ユーザーインターフェースも機能ボタンからリボンインターフェースに変更になり、大きな変更が加えられたバージョンです。

Windows Vistaと同時リリースから10年を経て計画通りサポート終了になります。

2003から2007以降へのアップデートは様々な部分で変更があり、また同一環境で共存できないなどで移行についてはそれなりに難しかったように筆者は記憶しています。

現在は2007以降のファイル形式が主流となってきているので、Office2007からOffice最新版へのファイルコンバートなどはそこまで難しくはないように感じます。

ただAccess2013ではAccess2007では存在していたADPが機能削除されていたり、機能について無くなっているもの、仕様が変更されているものも少なくはありません。

セキュリティ問題が発生するために早急な最新版への移行が求められています。

データのコンバートや最新版Officeでの動作検証などはOffice 2007を利用しているユーザーはすぐに検討すべきことです。