ブログ

オンライン決済の多様性

2017年6月18日 00:00 | パソコン関連 | | 70 views
タグ: ,


オンラインでの決済はかなりの多様性とともに普及しています。

クレジットカード会社独自の決済の他に、北米で優位のあるPaypal、中国で優位のあるAliPay、携帯メーカーの独自のシステムApple PayやAndroid Pay、その他にビットコインを利用した決済など様々なサービスが増えています。

ECサイトで銀行振込や代金引換でなくオンライン決済を行うことは、購入完了までの時間を短縮し、意思決定を促進する効果があります。

このような決済サービスは普及当時は電子商取引の最も盛んな北米での成功は不可欠でした。Paypalが北米市場で抜きん出たサービスであったことが全世界のスタンダードになる大きな要因でした。その後もPaypalの普及が進み、日本国内でも対応するECサイトやサービスが増えてきています。

現在非常に大きな存在感があるのは中国市場です。中国市場でAlipayやWeChat Payが大きなユーザー数を抱えた強いオンライン決済サービスとなっています。

AliPayは4億人以上の利用者、WeChat Payも3億人以上の利用者があります。WeChatとは中国におけるLINEのようなサービスですが、加入者は10億人を数えるようです。

AliPayについては今年に入って国内でもローソンがレジで対応するようになるなど、中国人旅行者数が増え無視できないサービスとなっています。

中国はインターネットとスマートフォンの普及で、決済だけでなくオンラインサービスの世界最大の市場になったといっても良いように考えています。

その他ビットコインを利用した決済も導入される企業も増えていく見込みです。これは今後のオンライン決済の目玉となるように考えていますが、個人ベースのでのシェアは国内では低いように感じます。

電子商取引が普及する中でこれら動向をとらえ、なるだけ機会損失にならないようにすることが大切でしょう。